"A Life" の意味

木村拓哉が主演する "A Life" というタイトルの医療ドラマがありますが、この "A Life" はどういう意味なのでしょうか?

"life" の様々な意味

"life" という名詞には「生命・生物・人命・一生・人生経験・寿命・生活・暮らし方・終身刑」など様々な意味があります。

意味特定のヒントは「医療」と "A"

上記のように様々な意味を持つ "life" ですが、医療ドラマ "A Life" の "life" の意味はそのうちのどれなのでしょうか?

それを考えるためのヒントは、このドラマが医療ドラマであるというのと、"life" に不定冠詞の "a" が付いて "a life" になっているという点にあります。
  1. まず、医療ドラマであるということから、この "life" が人の命に関わるモノを指す意味で使われているのだと考えられます。 したがって、「生命・生物・暮らし方・終身刑」といった意味である可能性は排除されます。
  2. 次に、不定冠詞の "a" が付いていることから、この "life" が可算名詞(数えられる名詞)であることがわかります。

"A Life" の意味

上記の2つの条件を勘案しつつ "life"の様々な意味の中から "A Life" が指すものを探すと、「人命」という意味が浮かび上がってきます。 したがって、"A Life" は「人命」という意味でしょう。

人命としての "life" が登場する例文

"They saved a life while on their way to catch a Pikachu"
(彼らはピカチュウを捕まえに行く途上で人命を救助した)
"The hospital has saved over 5,500 children's lives to date."
(その病院は、これまでに 5,500人を超える子供たちの命を救ってきた)