"Are u ready?" の意味

"Are u ready?" は "Are you ready?"

"Are u ready?" は "Are you ready?" と同じ意味です。 "you" を "u" に置き換えただけで、発音も同じです。 どちらも「アー・ユー・レディー?」と読みます。

"Are you ready?" の意味

"Are you ready?" は「用意はいいかい?」とか「準備はできているかな?」といった意味です。 "Are u ready?" も同じ意味を持ちます。

文法の解説

"You are ready." で「あなたは準備ができている」という意味になり、それが疑問文になったのが "Are you ready?" です。

"You are ready." が「あなたは準備ができている」という意味になるメカニズムは次のとおりです:
  • "you" は「あなた」という意味です。
  • "ready" は形容詞で、「用意が整って」や「準備ができて」などの意味があります。
  • "are" は「~が...である」という意味です。"You are ready." という表現では「~」にあたるのが "you" で、「...」にあたるのが "ready" です。
  • こういうわけで、"You are ready." で「あなたは準備ができている」という意味になります。

"you" を "u" にする理由

"you" を "u" に置き換えるのは英語圏のネット文化です。 こうしたネット文化は、キーボードから文字を入力するときの労力を省くために発展しました。 "you" と "u" は発音が同じであるうえに、"you" よりも "u" のほうがキーボードで入力する文字数が少なくて済みます。

"you" と "u" で文字数が2文字違うだけですが、"you" という言葉は使用頻度が非常に高いため、チャットなどで大量の文章を短時間のうちにタイプするときには2文字の差でも大きな違いとなります。

日本の歌謡曲の歌詞では、"you" の代わりに "u" を使うケースが他見されます。 "you" の代わりに "u" を使うとネイティブ(英語を母国語とする人)っぽくてカッコいいからでしょう。 "you" と "u" は発音が同じなので、歌詞を見ずに歌を聞いていると違いがわからないんですけどね。