"Banger Night" の意味

Hey! Say! JUMP の曲に「Banger Night」というタイトルのものがありますが、「Banger Night」とはどういう意味なのでしょうか?

"Banger" の意味

"banger(「バンガー」と読む)" は(米国ではなく)主に英国で使われる言葉で、次のような意味を持ちます:
  1. ソーセージ
  2. 中古で騒音がひどい自動車
  3. 大きな音を出して爆発する花火(ねずみ花火とか)

3つの意味の共通点は「大きな音」でしょう。 ソーセージもフライパンで焼くと破裂しますから。

"banger" の由来

"banger" は "bang(「バン」または「バング」と読む)" から派生した言葉であると考えられます。 "bang" には「(爆発や銃声などの)突然の大きな音」などの名詞としての意味や「(戸をしめるなどして)大きな音を立てる」などの動詞としての意味があります。

"night"

"night(ナイト)" は「」という意味の名詞です。 歌の歌詞では "nite" というカッコいい綴りかたをすることもあります。"nite" の発音は "night" と同じ「ナイト」です。

"Banger night" の意味

Hey! Say! JUMP の「Banger Night」の歌詞からは、"banger" が「ソーセージ」「騒音がひどい中古車」「大きな音のする花火」のどの意味で使われているのか判断できません。

したがって "Banger night" の意味も明確にはわからないのですが、「大きな音がするような爆発するような、そんな夜」という感じの意味ではないでしょうか。

歌詞に「0にする」とか「全部をリセット」という言葉が出てくるので、「すべてを無に帰してやり直すビッグ・バン的な何かをする夜」という感じなのかもしれません。