「バスタード・ソード」の意味は? 名称の由来は?

RPGやライト・ノベルなどのファンタジー作品にバスタード・ソード(bastard sword)という剣が登場することがありますが、このバスタード・ソードとは一体どういうものなのでしょうか?

バスタード・ソードとは

バスタード・ソードの明確な定義は不明ですが、「バスタード・ソード」は次の3つの意味で使われてきたようです:
  1. 片手でも両手でも振るえる曖昧な長さの長剣(ロング・ソード)
  2. 「両手持ち(トゥー・ハンデッド)」でも「片手持ち(ワン・ハンデッド)」でもない「片手半(ハンド・アンド・ア・ハーフ)」の剣
  3. 短剣(ショート・ソード)と長剣(ロング・ソード)の中間の曖昧な長さの剣

「バスタード・ソード」の意味と由来

「バスタード」の意味

「バスタード(bastard)」という英語には次の意味があります:

名詞としての意味

  1. 私生児
  2. (形状やサイズなどにおいて)不規則、異常あるいは劣っている者や物
  3. 由緒が疑わしい者や物
  4. 雑種(純血種より劣っているという意味合いを持つ)

形容詞としての意味

  1. 私生児として生まれた~
  2. (形状やサイズなどにおいて)不規則、異常あるいは劣っている~
  3. 似ているが本物ではない~、偽造・模造の~、~モドキ、

名詞としての意味か形容詞としての意味か?

"bastard sword" という表現において "bastard" は "sword" を修飾する形容詞ですが、世の中には名詞の形容詞的用法というものもあるので、"bastard sword" の "bastard" が名詞としての意味で使われている可能性もあります。

「ソード」の意味

ご存知の人も多いでしょうけれど、「ソード(sword)」は「剣」という意味の英語です。

「バスタード・ソード」という名称の由来

「バスタード・ソード」という名称は、フランス語の "épée bâtarde" に由来して15~16世紀ごろに誕生したと思われます。

「バスタード・ソード」という名称は、このタイプの剣の由緒がはっきりしないことに由来しているようです。 欧州のどの地域を起源とするのかが不明(フランスでもスペインでもドイツでもない)であるために、「バスタード・ソード」と呼ばれるようになったと考えられています。

剣の長さという点で(中世の時点における)既存の剣の分類に当てはまらない(片手持ちの剣にしては長い)ために「バスタード・ソード」と呼ばれるようになったという説もあります。

「バスタード・ソード」の意味

「バスタード」という言葉の意味と「バスタード・ソード」という名称の由来から考えて、「バスタード・ソード」の「バスタード」は「剣の起源あるいは分類的に純正でないあるいは正規でない」という意味でしょう。

「バスタード・ソード」を日本語にするならば「非純正の剣」とか「非正規の剣」という感じでしょうか。

ちなみに、"bastard sword" という語は英英辞典に載っていません。