「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」の意味は? 原題との違いっぷりは?

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」というタイトルの映画がありますが、このタイトルはどういう意味なのでしょうか?

原語

「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」は "Borderline Soldier's Day" という英語をカタカナで表記したものです。

"Borderline Soldier's Day" を日本語にすると「国境 兵士の日」という意味になります。 "Borderline" が「国境」という意味で、"Soldier" が兵士という意味です。

原題

しかしながら、「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」の原題(元の英語のタイトル)は "Borderline Soldier's Day" ではなく、"Sicario: Day of the Soldado" です。

"Sicario: Day of the Soldado" は「暗殺者: 兵士の日」という意味です。

"Sicario" はスペイン語で「(軽蔑的な意味で)暗殺者、刺客」という意味で、"Soldado" も同様にスペイン語で「兵士」という意味です。 "Soldado" は英語の "Soldier" に対応するスペイン語です。

米国とメキシコの国境を舞台とする映画ということで、メキシコの国語であるスペイン語がタイトルに盛り込まれているのでしょう。

邦題(日本で公開されるときのタイトル)の「ソルジャー(soldier)」は、スペイン語の "soldado" を英語の "soldier" に変換し、それをさらにカタカナで表記しているというわけです。

前作の原題

映画「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」は、2015年に公開された「ボーダーライン」という作品の続編です。

前作「ボーダーライン」の原題は "Sicario" です。

この作品シリーズでは一貫して、"Sicario(暗殺者)" を「ボーダーライン(国境)」という言葉に置き換えていることがわかります:
  • 1作目: "Sicario" → 「ボーダーライン」
  • 2作目: "Sicario: Day of the Soldado" → 「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」

タイトルの解釈

"Sicario: Day of the Soldado" という原題を見るに、「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」は「ボーダーラインソルジャーズ・デイ」という具合にコロン(:)を補うと理解が進むでしょう:

  • "Sicario: Day of the Soldado" という原題では、前作 "Sicario" と区別するために "Day of the Soldado" というサブタイトル(副題)を添えています。

  • 「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」という邦題でも同様に、「ボーダーライン」が前作から踏襲されるメインのタイトルで、「ソルジャーズ・デイ」がサブタイトルという位置づけになります。

    したがって、本来であれば「ボーダーライン」と「ソルジャーズ・デイ」の間に、メイン・タイトルとサブタイトルを区切るためのコロンが入っていてしかるべきです。