「サバティーニで朝食を」の意味

「サバティーニ」とは?

「サバティーニ」とは、ドンブリめしの上にサバの缶詰の中身をぶちまけた料理のことです。 サバ缶の汁に味が付いているので調味料すら不要だという実に手軽な料理です。

サバティーニでは、ご飯は温かいものを用いますがサバ缶は常温のままで使用します。 スプーンで食べます。

「サバティーニ」に使用されるサバ缶

「サバティーニ」に使用するサバ缶は、スーパーマーケットで100円ちょっとで売られているサバの缶詰(内容量は190gほど)です。 ただしサバの缶詰といっても、味噌味や醤油味ではなく塩味のものでなくてはなりません。

「サバティーニで朝食を」の意味

「サバティーニ」がドンブリめしの上にサバの缶詰の中身をぶちまけた料理のことですから、「サバティーニで朝食を」とは「ドンブリめしの上にサバの缶詰の中身をぶちまけた料理を朝食として召し上がれ」という意味になります。