「コンフィデンスマン」の意味、言葉の起源

「コンフィデンスマン」は "confidence man"

「コンフィデンスマン」は "confidence man" という英語をカタカナで表記した言葉です。 「コンフィデンス」と「マン」で区切る「コンフィデンス・マン」だというわけです。

"confidence man" の意味

"confidence man" は「詐欺師」という意味です。

厳密には、詐欺師の中でもコンゲームにより金銭などを騙(だま)し取る者が "confidence man" です。

コンゲームとは?

「コンゲーム」は "con game" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "con game" は "confidence game" の略です。

"confidence game" は信用を勝ち取ることで人を騙すタイプの詐欺です。

"confidence game" という言葉に対応する日本語は「信用詐欺」だと思われますが、「信用詐欺」という言葉は国語辞典には載っていません。

"confidence game" は "confidence trick" とも呼ばれます。

"confidence" の意味

"confidence" には「信用、信頼」などの意味があります。

"confidence man" という言葉の起源

"confidence man" や "confidence game" という言葉は、1849年米国でサミュエル・トンプソンという詐欺師が逮捕されたときの報道で始めて用いられました。