「コヴェナント」 の意味

「コヴェナント(コベナント)」の意味について解説します。

「コヴェナント」は "covenant"

「コヴェナント(コベナント)」は "covenant" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"covenant" の意味

"covenant" には次のような意味があります:
  1. 誓約。 拘束力を有する合意
  2. 契約(書)(1つの契約の全体)
  3. 1つの契約(書)に含まれる複数の条項のうちの1つ。 不履行あるいは違反があったときに相手方が契約を破棄できるようになるような条項を特に指す。
  4. 契約違反に対して損害賠償を求める訴訟
  5. 公式の条約・規約。 例. International Covenant on Human Rights(国際人権規約)
  6. 聖約(神とイスラエル人との間に交わされた約束。 この約束において神はイスラエル人を愛することを約束するが、イスラエル人はその対価として特定の義務を果たすことを求められる)

"covenant" は動詞としても使われることがあり、その場合には「(誓約により)約束する」という意味になります。 "covenat with..." で「...と約束する」。

カタカナ語の「コヴェナント」

「コヴェナント」というカタカナ語が動詞の意味で使われることはまずありません。

そして、名詞としての意味でも、「条項のうちの1つ」や「損害賠償を求める訴訟」など法律関連の込み入った意味で使われることはないでしょう。

カタカナ語の「コヴェナント」は、特に映画のタイトルなどエンターテイメントの分野では、「聖約」か「誓約」という意味で使われるケースが大部分でしょう。

エイリアン コヴェナント

2017年9月に日本で公開されたアメリカ映画「エイリアン コヴェナント」の場合、「コヴェナント」は「聖約」の意味で使われていると思われます。

「エイリアン コヴェナント」の「コヴェナント」は明らかに、この映画に登場する「宇宙船コヴェナント号」は由来していますが、アメリカ人が宇宙船の名前に「コヴェナント」という言葉を使うとき、それはきっとキリスト教的な意味であるはずだからです。