"Lovefool -好きだって言って-" の歌詞に登場する英語の意味

"baby" と "boy" の意味

"Dear" の歌詞においては、どちらも愛しい人に対する呼びかけの言葉です。 "boy" は男性に対して用いられます。

"Love me love me say that you love me" の意味

"Love me love me say that you love me" の句読点などをきちんと整備すると、"Love me. Love me. Say that you love me." となります。

"Love me" は「愛してよ」という意味の命令文です。 "Say that you love me." は「私を愛していると言って」という意味で、これも命令文です。

"Love me. Love me." で「愛してよ愛してよ」と愛情の要求を連発した挙句、後半部分で「愛してるって言って」と愛の言葉を口にすることを強要しているわけです。

"fool me fool me go on and fool me" の意味

"fool me fool me go on and fool me" の句読点などをきちんと整備すると、"Fool me. Fool me. Go on and fool me." となります。

"Fool me" は「私をだまして」という意味です。「私を上手にだましてね」くらいの意味でしょう。 "Go on and fool me." は「遠慮せずにさあどうぞ。私をだましてちょうだいな」という意味になります。 "go on~" に「遠慮せずに~してね」とか「さあ~してみろ」という意味があります。

したがって "fool me fool me go on and fool me" は「騙して騙して私を騙して遠慮せずにさあどうぞ」という意味になります。

"lead me lead me" の意味

"lead me" は「私を導いて」とか「リードして」といった意味になります。

"just say that you need me" の意味

"just say that you need me" は「君が必要だと言ってちょうだい」という意味です。 "say" が「言う」という意味の動詞で、「"that you need me" と言ってください」と要求しています。

"you need me" は「あなた(男性)が私(Dream Ami)を必要としている」という意味です。 "that" は "you need me" が "say" の目的語となるために文法上必要とされる語です。

"So I cry, I pray, and I beg" の意味

"So I cry, I pray, and I beg" は、「だから私は泣くの。祈るの。お願いするの」という意味です。

"so" には色々な意味がありますが、この場合には「だから...」や「したがって...」という意味です。 "cry" は「声をあげて泣く」、"pray" は「祈る」、"beg" は「乞う・お願いする」という意味です。