「ドント・ブリーズ」の意味

「ドント・ブリーズ」とは?

映画のタイトルなどで「ドント・ブリーズ」という言葉が使われることがありますが、これは一体どういう意味なのでしょうか?

「ドント・ブリーズ」は英語をカタカナで表記したもので、アルファベットの表記に戻すと "Don't breathe." となります。 "Don't breathe." は「呼吸をするな」という意味です。

したがって「ドント・ブリーズ」も「呼吸をするな」という意味になります。

なぜ「呼吸をするな」なのか?

ホラー映画などの場合、「呼吸をするな」というのは「見つからないように息を潜めろ」という意味で使われることが多いでしょう。 物音を立てないように身動き1つしないどころか、呼吸の音さえも抑えなくてはならない状況に追い詰められるというわけです。

何から隠れるために息を潜めるかは映画の内容しだいで、殺人鬼であったりゾンビであったり様々です。

"Don't breathe." の文法解説

"Don't~" は「~するな」という意味です。 そして、"breathe" は「呼吸をする」という意味です。 したがって、"Don't breathe." は「呼吸をするな」という意味になります。

「命令文」と「否定の命令文」

"Don't breathe." は否定(禁止)の命令文です。 命令文とは「~しろ」という意味を持つ文のことですから、否定の命令文は「~するな」という意味になります。

命令文では主語が省略され動詞で文が始まります。 したがって "Breathe." という1語だけの文は「呼吸をしなさい」という意味になります。 参考までに、命令文で省略されている主語というのは "you(あなた)" です。

命令文(肯定の命令文)の先頭に "Don't" または "Never" を付けると、意味が裏返って否定の命令文(~するな)になります。