"Don't wanna cry" の意味と解説

歌のタイトルや歌詞に使われる "Don't wanna cry" という表現の意味を説明します。

"Don't wanna cry" の正体

"Don't wanna cry" は "I don't want to cry" と同じ意味です。

"I don't want to cry" の "I" が省略されて、"want to" が "wanna" に変化して出来上がったのが "Don't wanna cry" です。

したがって、"I don't want to cry" の意味がすなわち "Don't wanna cry" の意味であるということになります。

"I don't want to cry" の意味

"I don't want to cry" は「私は泣きたくない」という意味です。 "Don't wanna cry" も同様に「私は泣きたくない」という意味です。

解説

"I"

"I" は「」という意味です。

英語は他の言語に比べて主語(今回の話では "I")が省略されることが少ないですが、主語が省略されることがまったく無いわけではありません。 特に、"Don't wanna cry" のように口語的な表現では主語が省略されることが少なくありません。

"don't"

"don't" は動詞の前に置かれて、否定の意味を文に付与します。 "don't" は "do not" の短縮形です。

"want to"

"want to~(wanna~)" は「~したい」という意味です。 「~」に当たる部分には動詞の原形(基本的な形態)が来ます。

"cry"

"cry" には動詞や名詞の色々な意味がありますが、"I don't want to cry(Don't wanna cry)" という表現に おける "cry" の意味に文法的に該当するのは次の3つに限られます:

  1. (悲しみ・喜び・痛みなどを理由として、声を出してあるいは声を出さずに)泣く、涙を流す
  2. 大声を出す、大声で呼ぶ、叫ぶ
  3. (動物が)鳴き声をたてる

そして意味的に考えると、"I don't want to cry(Don't wanna cry)" の "cry" は、この3つの意味のうち「泣く、涙を流す」の意味で使われているはずです。

その理由は次の通りです:

  1. 歌のタイトルや歌詞において「私」が獣や鳥であるという状況は考えにくい。
  2. 「叫ぶ」という行為は「泣く」という行為に比べて意図的な行為である。 したがって、叫びたくないのであれば「叫びたくないの...」などと心情を吐露するまでもなく叫ばなければいい。
  3. これに対して、「泣く」という行為は意図に反して行われることが多い。 「泣きたくないのに涙が出ちゃう」という状況である。
  4. そういうわけで、「叫ぶ」よりも「泣く」のほうが「~したくない(don't want to~)」との相性が良い。