「ファイア」と「フレイム」の意味の違い

「ファイア」と「フレイム」はどちらも、ロールプレイング・ゲーム(RPG)やライト・ノベルに登場する、モンスターなどを攻撃するための炎の呪文やスキルの名称として使われますが、「ファイア」と「フレイム」は具体的にどう違うのでしょうか?

「ファイア」と「フレイム」の英語

「ファイア」は "fire" という英語をカタカナで表記した言葉です。

「フレイム」は "flame" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"fire" と "flame" の意味

「火」と「炎」の意味を国語辞典で調べると、次のように説明されています:

  • 」: 物が燃えて光や熱を出す状態や現象。また、その炎。
  • 」: 燃焼において熱と光を発している部分。

"fire" と "flame" の意味を英英辞典で調べると、次のように説明されています:

  • "fire" : 熱と光を放出する急速かつ持続的な化学的変化。炎を伴う。
  • "flame" : 急速な燃焼において熱を持ち明るい領域(*)
(*) "fire" の説明において "fire" から生じるものを「光・熱・炎」としている(光と熱を炎と別の存在とみなしている)辞典や「熱と炎」としている(熱を炎と別の存在とみなしている)辞典もあることから、"flame" は「領域(目で見て炎と識別できる形状と色合い)」だけを指し、その領域に存在する「熱」あるいは「熱と光」は含まないという考え方もあるのかもしれません。

まとめ

まとめると次のようになります:

  1. "fire" に対応する日本語は「火」、"flame" に対応する日本語は「炎」。
  2. 「炎(flame)」は「火(fire)」の一部。 火という現象の見た目のうち、特に形状や色合いを指す?

補足

英和辞典で調べると、"fire" の基本的な意味として記載されているのは「火」と「火炎」で、"flame" の基本的な意味として記載されているのは「炎」と「火炎」です。 "fire" にも "flame" にも「火炎」という意味があるというわけです。

これは、"fire" と "flame" に(「火」と「炎」にも)意味的に共通する部分があるためでしょう。

「ファイア」と「フレイム」の使い分け

上述のように、「ファイア」と「フレイム」は意味的には大差ないので、「ファイア」と「フレイム」のどちらかでなければ英語的に正しくないと言い切れるケースはほとんどありません。

例えば、攻撃呪文の名前として「ファイア」と「フレイム」のどちらを選んでも間違いではありません。

したがって、自分の好みに応じて「ファイア」と「フレイム」を使い分ければ良いと思います。 ただ、強いて言うならば「炎をまとう」など外見に比重が置かれた意味合いのときには「ファイア」よりも「フレイム」のほうが適切でしょう。

逆に属性などのように内在的な性質に関して形容したいときには「フレイム」よりも「ファイア」のほうが適切でしょう。 例えば、「ファイア・ドラゴン」や「ファイア・ジャイアント」であれば火属性を有する魔物という感じだと思います。 これが「フレイム・ドラゴン」や「フレイム・ジャイアント」であれば、「口から炎を吐くドラゴン」とか「炎を身にまとうジャイアント」という感じではないでしょうか。

おまけ

"flame" には「燃える」という意味の動詞もあるので、この動詞の "flame" を "flaming(フレイミング)" という現在分詞型にして「炎をまとう」という意味に使うことも可能です。

例えば「フレイミング・ソード」であれば「刀身に炎をまとう剣」とか「炎を立ち上らせる剣」という意味になります。