「フォーリナー」の意味

「フォーリナー」というカタカナ語の意味を説明します。

「フォーリナー」は "foreigner"

「フォーリナー(フォリナー)」は "foreigner" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"foreigner" の意味

主な意味

"foreigner" の主な意味は「外国人」というものです。 ちょっとオシャレな言い方をしたいなら「異邦人」という言葉もあります。

その他の意味

"foreigner" には「特定の地域やグループにとっての外部者」という意味もあります。 この意味に対応する日本語は「よそ者」ですね。

また、"foreigner" は外国から来た人だけでなくを意味することもあります。 例えば、外国の船外国の製品を指して "foreigner" ということがあります。

"foreigner" の成り立ち

"foreigner" は、「外国」を意味する英語 "foreign" の末尾に、「~する人/物」を意味する接尾辞 "-er" がくっついて出来た言葉です。

"foreigner" という語は14世紀後半~15世紀前半ごろに使われ始めました。

「フォーリナー」の意味

カタカナ語の「フォーリナー」は「外国人」や「外国製品」という意味で用いられます。

2019年に日本で公開された映画に「ザ・フォーリナー」というタイトルのものがありますが、この「フォーリナー」は「外国人」という意味です。