米国映画「グーニーズ」のタイトルの意味と由来

1985年に公開された「グーニーズ」という米国映画のタイトルの意味を調べてみました。

原題

映画「グーニーズ」が米国で公開されたときのタイトルは "The Goonies" です。

"The Goonies" の意味

"The Goonies" は、この映画の主役である子供たちのグループの名前です。 近所の仲良しの子供たちが遊びで自分たちのグループを "The Goonies" と称したのです。

"The Goonies" の由来

それでは、どうして子供たちは自分たちのグループを "The Goonies" と命名したのでしょうか?

それは、彼らの住む地域の名前が "Goon Docks" だからだと思われます。 "Goon Docks" の "Goon" が "Goonies" という言葉の由来でしょう。

"The Goonies" を日本語にするなら「グーン団」という感じなのだと思います。 山下町に住む近所の子供たちのグループが「山下団」と自称するみたいな感じで。

"Goon Docks" は架空の地名だと思われます。 "Goon Docks" は作中では米国オレゴン州のアストリアという市に存在するとされますが、 Wikipedia や Google Map で調べても "Goon Docks" という地名は見つかりません。

"Goon Docks" という言葉の意味

goon

"goon" は「バカ、愚者」や「金銭で雇われて人を脅したり危害を加えたりする悪者」という意味の英語です。

英国では主に前者の意味で、米国では主に後者の意味で使われます。

docks

"docks" は「波止場、埠頭(ふとう)」を意味する英語 "dock" の複数形です。

アストリアは海に面した市で、波止場があります。

Goon Docks

上記から、"Goon Docks" はガラの悪い波止場町のイメージだと推察されます。 つまり「グーニーズ」は下町のタフな子供たちなのでしょう。 山の手の上品なお子様などではなく。

"Goon" から "Goonies" への変化

上述のように、"Goonies" は "Goon" が変化して生まれた言葉だと考えられますが、これは具体的には次のような変化だと考えられます:

  GoonGoony(形容詞)Goony(名詞)Goonies

この変遷について以下で説明します。

Goon → Goony(形容詞)

"Goony" の "-y" は、名詞形容詞にする接尾辞です。 名詞の末尾に付いて、「~の性質を持つ」という意味にするのが接尾辞 "-y" なのです。
接尾辞 "-y" は動詞の形容詞化にも使われることがあります。

したがって、"Goony" を日本語にすると「グーンの性質を持つ」あるいは単に「グーンの」となります。

Goony(形容詞) → Goony(名詞)

このステップでは、形容詞 "Goony" が名詞として扱われるようになります。 "Goony" が「グーンの」を意味する形容詞から、「グーンの者」を意味する名詞になるわけです。
形容詞の名詞化は(名詞の形容詞化も)頻繁に生じる現象です。 品詞の壁はけっこう薄いのです。

ここまでの流れは、名詞の "Goon" が "Goony" という形容詞に変化し、その "Goony" が名詞として使われるようになる、つまり「名詞 → 形容詞 → 再び名詞」というものです。

Goony(名詞) → Goonies

こうして、名詞になった "Goony" が複数形になったのが "Goonies" です。
"Goony" に複数形の "-s" が付くときに、"Goony" の語尾が "-y" だから "y" が "ie" に変化して、そこに "-s" が付きました。

「グーニーズ」は「ならず者たち」ではない

多くの辞書では "goony" という語を収録していません(既存の語として認めていない)が、ごく一部の辞書では "goony" の意味として「ならず者(のような)」や「愚か者(のような)」という名詞および形容詞を記載しており、名詞の "goony" に関しては複数形としての "goonies" も記載しています。

しかし、映画「グーニーズ」の語源は "Goon Docks" という地名だと考えられるので、映画「グーニーズ」の「グーニーズ」を「ならず者たち」や「愚か者たち」と訳すのは正しくないでしょう。