「ハードコア」の意味

「ハードコア」は "hard core"

「ハードコア」も「ハード・コア」も "hard-core" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "hardcore" あるいは "hard core" と表記することもあります。

"hard-core" の意味

"hard-core" の意味は次の通りです:

名詞

  1. (社会的な主義主張を行うなどの)グループや組織(政党など)の中核を成す人たち。 その集団の趣旨に忠実で、容易に姿勢を変えることがなく集団の性質の維持に寄与する。
  2. 1つの社会における保守派層。変化を好まない。
  3. パンク・ロックの一種。 メロディーよりもリズムを重視する荒々しい音楽。
  4. テンポがとても早いダンス・ミュージック
  5. 道路などの建設において基礎として用いられるレンガの破片や石。

用例

the hard core of the separatist movement
独立運動の中核を成す人たち

形容詞

  1. (主義主張などにおいて)筋金入りの、ガチガチの、狂信的な、考えを変えない、譲歩しない、非妥協的な、慢性的な
  2. 性的な行為を露骨に描いた(ポルノ作品)
  3. 〈俗語〉 ことさらに激しい、危なかったり奇抜だったりで刺激的な、外見が暴力的な、強烈さや危なさがカッコいい

用例

a hard-core Communist
筋金入りの共産主義者
hard-core unemployment
慢性的失業
# 長期間にわたり仕事をしていない人における失業状態のこと。仕事を探す気がない恐れも。

カタカナ語「ハードコア」の意味

国語辞典には「ハードコア」の意味として次の意味を記載しています:

  1. 中核。中心となる部分
  2. 集団や組織の中の強硬派
  3. 音楽で、従来よりも過激で荒々しい表現法のもの

また、「ハードコア・ポルノ」という項に次の意味を記載しています:

  1. 極端に露骨なポルノ映画やポルノ小説

"hard-core" と「ハードコア」

上記から、英語の "hard-core" とカタカナ語の「ハードコア」の関係について次の2つが言えます:

  1. 名詞としてのカタカナ語「ハードコア」は名詞としての英語の "hard-core" と意味がほぼ同じ。
  2. 形容詞としてのカタカナ語「ハードコア」は形容詞としての英語 "hard-core" の意味のうち「性的な行為を露骨に描いた」という意味しか持たない。

ただ、この国語辞典に記載されているカタカナ語「ハードコア」の説明は、日本における実際の使われ方をまとめたのではなく英語の辞書に記載されている "hard-core" の定義を書き写しただけではないかという印象を受けます。 「ハードコア」というカタカナ語を「集団や組織の中の強硬派」という意味で使うでしょうか?

わたし個人の感覚ですが、カタカナ語「ハードコア」の使用は、やはりポルノ作品関連がメインだと思います。 それ以外の場面で「ハードコア」というカタカナ語を見かけても意味がよくわからないというのが正直なところです。

「コアなファン」という言い方に聞き覚えがありますが、この「コア」はたぶん「ハードコア」が省略されたものでしょう。 そして、その「ハードコア」は「中核的な、筋金入りの」という意味であると推察されます。

"hard" と "core" の意味

  1. "hard" には「固い」や「激しい」といった意味がありますが、"hard-core" の "hard" は「固い」という意味でしょう。
  2. "core" には「」という意味があります。
  3. したがって "hard-core" の基本的な意味は、「中心に存在する(容易に変動しない)固い部分」つまり「中核」というものであると考えられます。
  4. "hard-core" の最初の使用例が確認されているのは、名詞が 1936年、形容詞が 1951年です。