安室奈美恵が歌う「Hero」の歌詞に出てくる英語の意味

"I'll be your hero"

私はあなたのヒーローになる」という意味です。

"hero"

ヒーロー」という意味です。 「ヒーロー」というカタカナ語で日本語として定着していますが、"hero" という英語には次のような意味があります:
  1. 伝説や神話などにおいて大いなる勇気と力を備え大胆な偉業を達成する人物。
  2. 小説・マンガ・映画などの主人公。
  3. 勇気が要求される偉業や目的の気高さで知られる人。 そういう人の中でも特に、自分の生命を犠牲にしたり危険にさらしたりした人。
  4. 特定の分野において偉業を成し遂げた人。 (例. 医学界のヒーロー)
  5. 能力の高さなどに関して自分が憧れている人。

"hero" は主に男性を指す語で、女性については "heroine(ヒロイン)" という語が用意されていますが、女性を指して "hero" という語が使用されることもあります。 ただし、「小説・マンガ・映画などの主人公」という意味は男性についてしか用いられません。

"everday"

毎日の」や「日常的な」といった意味の形容詞です。

「毎日行く」などのように副詞として使われる「毎日」の場合には、"every day" という具合に "every" と "day" が離れます。

「毎日が~だ」などのように「毎日」が名詞として使われる場合には、"Everyday" と1語にまとまることも "every day" と2語に別れることもあるようです。
"Everyday is a winding road. I get a little bit closer."
(毎日がクネクネ道。 少しずつ目的地に近づいていくの)
"Every day is a holiday."
(毎日が休日だ)

形容詞や副詞の場合と違って名詞として使う場合に、"everyday" と "every day" のどちらが正しいのかは辞書に記載されていませんが 、Google の検索結果を見ると "everyday" のほうが優勢であるようです。

"forevermore"

いついつまでも永遠に(="forever")」とか「今後はずっと」という意味です。

"forevermore" は "forever" と "more" がくっついて出来た語ではなく、"for" と "evermore(いつまでもずっと)" がくっついて出来た語です。 次の例文を見るとこのことがわかります:
"I will love you for evermore"
(いつまでもずっと君を愛するよ)

"And you are my hero"

そしてあなたは私のヒーローなの」という意味です。 "I'll be your hero" と合わせて「私はあなたのヒーローだし、あなたは私のヒーローなの」ということです。