"I don't know why(アイ・ドン・ノウ・ホワイ)" の意味

"I don't know why" の意味

"I don't know why(アイ・ドン・ノウ・ホワイ)" は「私はその理由を知らない」という意味です。

解説

"I don't know~"

"I don't know~" は「私は~を知らない」という意味です。

"I" が「」という意味で、"know" が「知っている」という意味です。

"don't" は "do not" の短縮形です。 "don't(do not)" には文を否定の意味に反転させる作用があるので、"I know~" で「わたしは~を知っている」という肯定の意味であるのが "I don't know~" では「わたしは~を知らない」という否定の意味に反転します。

"why"

"I don't know why." の "I don't know~" の部分が「私は~を知っている」であるなら、残りの "why" は「理由」という名詞なのかと思ってしまいますが、そうではありません。

"why" にも「理由」という名詞としての意味はありますが、そのときの "why" は "whys" という複数形で用いられるのが常です。 したがって、単数形で用いられる "why" は名詞ではないと考えられます。

それでは "I don't know why." の "why" は何なのかというと関節疑問文の残骸です。 "why" が用いられる関節疑問文の例文は次のようなものです:
"I don't know why I did such a foolish thing."
(私がそのように愚かなことをした理由が自分でもわからない)

上の例文の "why I did such a foolish thing" というのが関節疑問部に当たります。 そしてその先頭の "why" だけが残ったのが "I don't know why." です。 "why" の後に続く部分が省略されるのは、前後の状況や文脈で "why" の後に続く部分が何であるかが明らかだからです。

前後の状況や文脈まで含んだ例文を見てみましょう:
"Why I ate my freshly-picked booger in front of the President! I don't know why."
(どうして大統領の目の前で鼻クソをほじって食べたりしたんだろう! 自分でも(その理由が)わからない)
上の例文では、"I don't know why." に続く部分がその前の部分("Why I ate my...")ですでに発言されていて、"I don't know why" の後ろにもまったく同じ語句がは繰り返されることになるため、"I don't know why" の後ろに続くことになる "I ate my..." が省略されています。 省略がなされない場合は次のようになります:
"I don't know why I ate my freshly-picked booger in front of the President."
(大統領の目の前で鼻クソをほじって食べたりした理由が自分でもわからない)