I'm here(アイム・ヒアー)の意味

"I'm here" の意味

"I'm here(アイム・ヒアー)" は 「私はここにいる」 という意味です。 「ここ」は物理的な場所に限りません。 ページ後半の例文を参照してください。

文法の説明

"I'm"

"I'm" は "I am" という表現を縮めた形(短縮形)です。

"I" の意味

"I" は「私」という意味です。

"am" の意味

"am" は be動詞と呼ばれるタイプの動詞です。 "I" という1人称の代名詞の後ろなので、"be" が "am" という形になっています。

be動詞には次の2つの意味があります:
  1. ~である(イコール/性質): 例えば、"A is B." という文は「AはBだ」という意味です。 Bが名詞であればA=Bという関係になりますし、Aが形容詞であればAはBの性質の1つということになります。
  2. ~にいる、ある(存在): be動詞だけで「(人が)~にいる、(ものが)~にある」という意味になることがあります。 例えば "God is." という文はそれだけで「神は存在する」という意味になり得ます("is" の後ろに何かが省略されている場合は「~である」の意味になる)。

"I'm here." では、be動詞である "am" が2つ目の意味(~にいる)で使われています。 "I am." だけで「私は、いる」とか「私は存在する」という意味になります。

be動詞が "there(そこに)" や "here(ここに)" あるいは "in his room(彼の部屋に)" などのように場所を表す副詞と共に用いられる場合、その be動詞はおそらく「存在」の方の意味で用いられています。

"here" の意味

"here" は「ここに」という意味です。

"I'm here" の用例

"Is Dr. Johnson here?" "I'm here."
「ジョンソン先生はいらっしゃいますか?」 「私ならここにいるよ」
"Why I'm here?"
(私はなぜここにいるのか?)
"I'm here to win."
(わたしは勝つために、ここ〔競技場〕にいる)
"That's what I'm here for."
(ぼくは、そのためにここにいるんだよ)
次の例文において、「ここ」は物理的な場所ではないかもしれません。 「君のそば」という感じの心理的なニュアンスを含んでいる可能性があります。
"As long as you need me I'm here."
(君がぼくを必要としている限り、ぼくはここにいるよ)
次の例文では、「ここ」が示すのは明らかに物理的な場所ではありません。 この例文の "here" は、抽象的な(キャリア的・人生的な)意味での場所を示しています。
"I'm here because of where I've been."
(私の現在の居場所は、これまでの私の居場所により決定された)