「キラキラ feat. カンナ」 に登場する英語の表現の意味と解説

"Like a star"

星のように」という意味です。 したがって「Like a star キラキラ」は「星のようにキラキラ」という意味になります。

"like" が「~のように」という意味で、"a star" が「(1つの)星」という意味です。

"Look around"

(周囲を)見回してごらん」という意味です。

"look" が「見る」という意味で、"around" が「周囲をぐるっと」という意味です。

"Don't give up"

あきらめないで」という意味です。

"give up" が「あきらめる」という意味で、その前に "Don't" が付くことで「あきらめるな」という否定の命令文になっています。

"It's alright"

大丈夫だよ」という意味です。

"alright" は「大丈夫である、OKである」という意味です。 "It's..." は、"It's alright" という表現においては、"It's alright" という発言をする当人の周囲の漠然とした状況が「...である」という意味です。

"Cuz I got you"

私にはあなたがいるから」という意味でしょう。 「あなたの言いたいことはわかったから」という意味である可能性もありますが、その可能性は低そうです。

"Cuz" は "Because" が変形してできた言葉(Because の "Be-" の部分が失われ "-cause" が "cuz" に訛った)です。 意味も"Because" と同じで「~だから」という意味です。

"I got you" は「あなたの言うことを理解した」とか「あなたを捕まえた」といった意味のほかに、次の例文が示すように「私にはあなたがいる」という意味もあるようです:
"I got everything I need, because I got you."
(ぼくには君がいる。それは僕が必要なものを全て手にしているってことなんだ)
"because I got you to look after me..."
(私には私のことを気にかけてくれるあなたがいるから)

"We can fly"

私たちは空を飛ぶことだって出来る」という意味です。

"We can~" が「私たちは~できる」という意味で、"fly" が「飛べる」という意味です。

"I'm beautiful"

私は美しい」という意味です。

"I'm" は "I am" の短縮形です。 "I" が「私」という意味で、"beautiful" が「美しい」という意味です。 そして "am" はBe動詞の一種で、ここでは「~である」という意味です。

"We're gonna be stronger"

私たちはもっと強くなるでしょう」という意味です。

"gonna" は "going to" が訛った表現で、「~するだろう」とか「~するつもりだ」という意味です。 "be" はBe動詞の原形("gonna" の後ろなので原形になっている)で、ここでも「~である」という意味で使われています。 "stronger" は "strong(強い)" の比較級で、「もっと強い」という意味です。 比較の対象は「現在の私たち」になります。

"That's all u gotta do"

あなたがやらなくてはならないのは、それで全てだ」という意味です。

"That's..." は "That is..." の短縮形で、「それは...だ」という意味です。 "all u gotta do" は「あなたが行う必要がある全てのこと」という意味です。 "u gotta do(あなたはしなくてはならない)" が関係代名詞節(形容詞節)として "all(全ての物・事)" を修飾しています。 "all" と "u gotta do" の間には関係代名詞の "that" が省略されています。 "u" は "you(あなた)" と発音も意味も同じです。

"We're gonna celebrate"

お祝いをしましょう」というぐらいの意味でしょう。

"celebrate" には「祝う」とか「お祭り気分で騒ぐ」などの意味があります。