"lol" の意味

"lol" = "laugh out loud"

ネット上の書き込みに "lol" という表現が用いられることがありますが、これは "laugh out loud(声を立てて笑う)" の略で、日本語の "(笑)" あるいは "ワロタ" と同じ意味です。

2つの意味

"lol" は "(笑)" と同じように文末に付け加えて用いる場合と、"ワロタ" と同じように単独の発言として用いる場合があります。

  1. "lol" が単独の発言として使われる場合には、他人の発言を自分が面白いと感じたということを表現します。 この場合の "lol" は "ワロタ" と同じ意味になります。
  2. 一方、"lol" を自分の発言の後ろにくっつけて使う場合、それはその発言がジョークやユーモアの類であること、あるいはその発言が他愛のないものであることを相手に伝えるための合図です。 この場合の "lol" は "(笑)" と同じ意味になります。

"w" や "www" との違い

"(笑)" に似た表現に "w" や "www" などがありますが、これらは書き込みの相手を嘲笑する目的で使われることが多いので "lol" とは用途が少し異なります。 "lol" も嘲笑目的で使われることがありますが、その頻度は "(笑)" や "ワロタ" と同程度であって "w" や "www" ほどではありません。
"w" というのは「わらう」の「わ」に由来しています。 "www" というのは "w" を重ねることによって意味を強めているのだと思われますが、"w" との間に意味の差はほぼありません。

類似表現

"lol" と同じような表現に、"rofl" や "lmao" などの表現があります。 いずれも "(笑)" ではなく "ワロタ" の方の意味で、"lol" よりも強い意味(面白さを強く感じたという気持ち)を表します:
  • "rofl" は "rolling off the floor laughing" の頭語で、「床を笑い転げる」という意味になります。 "the" の "t" も勘定に入れて "rotfl" と綴られることもあります。
  • "lmao" は "laughing my ass off" の頭語で、「尻が落っこちるほど(激しく)笑う」という意味です。
"rofl" や "lmao" に相当する日本語の表現は "テラワロス" や "バロス" だということになります。 "テラワロス" にしても "バロス" にしても、自分の発言の後に付け加える形で用いることはありません。