"miles away" の意味

"miles away" の基本的な意味

"miles away(マイルズ・アウェイ)" は「何マイルも離れて」という意味です。 「マイル」は英米で距離を表すために用いられている単位です。 1マイルは約1.6kmです。

"His house is miles away from yours."
(彼の家は君の家から何マイルも離れている)
"Even when someone is miles away, always remember that we are under the same sky."
何マイルも離れた場所にいても、同じ空の下にいるんだよ)
"The oasis is miles away."
(オアシスは何マイルも先だよ)

"miles away" の抽象的な意味

"miles away" が用いられるのは物理的な距離を表すためだけではありません。 心理的な距離を表したり、時間的に離れていることを表したりするのにも "miles away" が用いられます。
"The numbers don't look great, and the bank is miles away from a rate increase."
(〔景気の指標となる〕数字がよくないので、銀行が利率を上げるのはまだまだ先だ)
"Christmas is miles away."
(クリスマスなんてまだまだ先の話だよ)
次の例文では、心理的な距離を表すのに "miles away" が使われています。
"We are the children who〔中略〕know what it's like to sit in a pew with our hearts a thousand miles away."
(わたしたちは「教会のベンチで隣同士に座っていながらも心が1千マイルも離れている」というのがどういうものかを知っているような子供だった)

"a thousand miles away" となっていますが、意味は "miles away" と同じようなものです。 ここの "a thousand" というのは、「千」という数ではなく「多数」を表す言葉として抽象的に用いられています。

"miles away" の文法的解説

"miles"

"miles" は "mile" の複数形です。 "mile" は英米などで用いられている距離を表す単位で、「マイル」というカタカナで日本語になっています。 1マイルは約1.6kmです。

"miles away" という表現において "miles" は、「何マイルも」という意味で使われています。

「多数」を意味する表現

英語では、数量を表す名詞の複数形が「多数」を意味することがあり、"miles" もその一例です。 "miles" と同様の表現としては、例えば "years" があります。
"Even after years of training and equipment purchases -- on which Washington spent $65 billion -- Afghan forces have been unable to rein in the ascendant insurgency."
何年も訓練を行い、装備に650億円もの大金をつぎこんだにも関わらず、アフガン軍は優勢な反乱軍を抑えることができないでいる)

"mile"

複数形である "miles" だけでなく単数形である "mile" も「大きな隔たり」を象徴する意味で使われます。
"Your guess as to the winner missed by a mile."
(誰が勝つかという予想は見事に〔1マイルほどもの誤差で〕外れたね)

"away"

"away" は「離れて」という意味の副詞です。 基本的には物理的な距離について用いられますが、時間的な距離についうて用いられることもあります。
"The fully self-driving car is still years away."
(完全な自動運転車〔の実現は〕まだ何年も先のことだ)

"miles away"

"miles away" では、"miles" が "away" を修飾しています。 "away" は前述のように副詞で、副詞を修飾するのも副詞ですから、この "miles" は副詞であるということになります。

そもそもは名詞である "mile" ですが、複数形の "miles" がこのように副詞として用いられることが多いため、副詞としての用法も定着しています。

関連情報

強意の "miles"

上述の副詞としての "miles" は強調のための言葉として、もはや距離とは一切関係がない意味でも用いられます。
"He likes his new job miles better."
(彼は新しい仕事のほうが〔前の仕事よりも〕ずっと気に入った)

"way"

"miles" と同じように名詞が強意の副詞として用いられるようになったケースに、"way" があります。 強意の言葉は、元の言葉の意味に関係なく、後に続く言葉の意味を強調するというだけの単純な働きを持つので、強意の "way" も "miles" も意味は同じです。
"He likes his new job way better."
(彼は新しい仕事のほうが〔前の仕事よりも〕ずっと気に入った)

"way away"

"miles" と "way" が同じ意味なのですから、"miles away" の "miles" を "way" に置き換えた "way away" という表現も当然可能です。 "way" と "away" で韻を踏んでいる(単語の末尾の発音が同じ)であるために、この表現を好む人もいるようです。
"The hotel is way away from the city. Unless you have business in these areas, it is not a great idea to stay here."
(そのホテルは市街地からずいぶんと離れている。 そのホテルの近辺に用事があるのでも無い限り場所的にお勧めできない)
"His profession is way away from photography. So he does not want to depend on photography to make a living..."
(彼の職業はカメラマンとは分野がまったく異なるので、写真撮影で生計を立てようとは考えていない)