安室奈美恵の「Mint」に出てくる英語の歌詞の意味

以下は、安室奈美恵さんの歌う「Mint」に出てくる英語の歌詞の意味です。

"Mint"

"mint" には次のような意味があります:

名詞

  1. 硬貨の造幣局(米国の場合、硬貨の造幣は United States Mint が行い、紙幣の造幣は Bureau of Engraving and Printing が行う)
  2. 大量。特に「大金」を意味する。
  3. ミント(ハーブ)
  4. ミント味の菓子

形容詞

  1. 新札のようにまっさらな、新品の
  2. 素晴らしい、印象的な(英国でのみ用いられる意味)

動詞

  1. 硬貨を鋳造する
  2. (新語などを)作り出す、考案する

「Mint」の歌詞に「冷た目の態度」や「chocolate chip」といったフレーズが登場することから、この歌に出てくる "mint" は「ミント」または「ミント味の菓子」の意味で使われていると思われます。 チョコチップの入ったミント味のアイスクリームのような気がします。

"Day and night"

昼も夜も」という意味です。 24時間1日中ということです。

"You know I'm watching every breath you take, move you make"

私があなたの吐息のすべて、動きのすべてを見てるってわかってるでしょう」という意味です。

この部分の歌詞は英国のシンガーソングライター「スティング(Sting)」の「Every breath you take」という曲をモデルにしているのでしょう。 「Every breath you take」の歌詞の一節は次のようなものです: "Every breath you take Every move you make Every bond you break Every step you take I'll be watching you"

"You know I hate that I love you wherever you are, near or far"

あなたが近くにいたって遠くにいたって何処にいたってあなたを愛してる。私がそんな自分自身を嫌に思ってるってわかってるでしょう」というような意味でしょう。

"straight at me"

私をまっすぐに」という意味です。

「瞳は straight at me」は「あなたの瞳は私をまっすぐに見つめている」というような意味でしょう。

"Cannot fight カラダが freeze"

闘えない。カラダが凍りつく」という意味になります。

前の部分の歌詞と併せて、「あなたのまっすぐな瞳に見つめられるとカラダが凍りついたように身動きができなくなって、あなたの魅力に抗えなくなる」というような意味なのでしょうか。

"Let me taste your lips now please"

あなたの唇を味わわせてちょうだい。お願い」という意味です。

"He's mint"

彼はミントである」という意味です。

"Don't you break my heart お願い"

私のハートを壊さないで、お願い」という意味です。

"その笑顔 chocolate chip もっと wanna taste it"

あなたのその笑顔はチョコレート・チップよ。もっと味わいたいの」という意味です。

"it" はチョコレートチップを指しています。 "wanna" は "want to(~したい)" と同じ意味です。

"You blow my mind babe, you just turn me on, on and on"

"blow one's mind" は「強烈な興奮・喜び・驚嘆・ショックなどで人を圧倒する」という意味の慣用句です。 この歌詞では "one's" の部分が "my" となっているので、圧倒されるのは「私(奈美恵)」です。

"you just turn me on" は「あなたはとにかく私を(性的に)興奮させる」という意味です。

"turn me on" の後に続く "on and on" は「(興奮させた状態を)続ける」という意味でしょう。 "on" には「継続」の意味もあり、それを二回重ねた "on and on" には「ずっと、延々と、~し続ける」という意味があります。

"turn me on, on and on" の部分は、"on and on" が持つ「~し続ける」という意味に加えて、"turn on" という "on" で終わる慣用句の直後に "on and on" を配置し "on" を連続させることによっても、"turn on(興奮)" が続いているという印象を与えることに成功している秀逸な表現だと思います。

"その声は honey milk もっと wanna drink it"

その声はハチミツ入りの牛乳。もっと飲みたいわ」という意味です。

"it" はハチミツ入りの牛乳を指しています。 "wanna" は "want to(~したい)" と同じ意味です。