NEWSが歌う「Neverland」の歌詞に出てくる英語の意味

NEWSというアイドルグループが歌う「NEVERLAND」に出てくる英語の表現について解説します。

「ミスター・インポッシブル」

「ミスター・インポッシブル」は "Mr. Impossilbe" という英語をカタカナで表記した言葉です。 日本語にすると「不可能さん」という感じの意味になります。

「ミスター・インポッシブル」は 1970年代に活躍した英国人の作家による子供向けの絵本で、アニメ化もされています。 主人公のキャラクターは姿を消したり家を飛び越えたりとなんでもできます。

不可能なことがないということで「ミスター・インポッシブル」と命名されたのでしょうが、個人的には「ミスター・ポッシブル(可能さん)」という名前のほうがふさわしいと思います。

"Neverland"

ネバーランドは童話「ピーターパン」に登場する世界のことです。 ネバーランドの住人は年を取ることがなく、ずっと子供のままです。 この歌詞においては「おとぎの国」という意味で使われているようです。

"Navigation"

"navigation" は "navigate" という動詞が名詞化(「~すること」)されたものです。 "navigate" には次のような意味があります:
  • 船・飛行機・自動車などの乗り物で適切な進路を決定する。
  • そうして決定した進路を進む。
  • そうして決定した進路を運転手に伝える。
  • (人混みや難所を)通り抜ける。
  • 予定通りに物事を進める。

「NEVERLAND へ Navigation」は「車でカーナビを使ってディズニーランドまでたどり着く」という感じの意味でしょう。

"Neverland parade"

日本語にすると「ネバーランドのパレード」になります。 ディズニーランドのパレードを念頭に置いた表現でしょう。

"Sound with the LOVE, MAGIC, RAY, FIRE, WATER, DANCE"

「愛・魔法・光線・火・水・ダンスを伴う音」という意味になります。 これもディズニーランドのパレードのことでしょう。

"Gone with the wind"

"Gone with the wind" はマーガレット・ミッチェルという米国の女性作家が 1930年代に発表した小説のタイトルです。 邦題(日本語のタイトル)は「風とともに去りぬ」です。

"Sensation"

「感覚・高ぶる気分・感じ・世間的な騒ぎ」などの意味があります。 この歌詞においては「高ぶる気分」という意味で用いられているようです。