「ノーセンキュー」の意味

「ノーセンキュー」は "No, thank you."

「ノーセンキュー」や「ノーサンキュー」という言葉は、"No, thank you." という英語の発音をカタカナで表記したものです。

"No, thank you." の意味

"No, thank you." は、「いいえ結構です。お気遣いありがとう」という意味です。 「~をしてあげようか?」と尋ねられて、その厚意を断るときに用いる表現です。
"Shall I make you something to eat?" "No, thank you."
「何か食事を作りましょうか?」 「結構です。お気遣いありがとう」

解説

「ノーセンキュー」というカタカナ語を見ると、「感謝(センキュー)が無い(ノー)」という意味なのかと思ってしまいますが、そうではありません。

"No, thank you." と "No" の後ろにカンマ(,)が入っていることからもわかるように、「ノー」と「センキュー」は意味的に隔てられています。

"No" に対応するのが「いいえ(結構です)」で、"thank you" に対応するのが「(お気遣い)ありがとう」です。
"Thank you." は「(私は)あなたに感謝します」という意味です。 "Thank you." では "Thank" が動詞で、主語の "I" が省略されています。 "I thank you." でも「ありがとう」という意味になります(が少し堅苦しい感じ)。
この辺りの確認もかねて、もう少し例文を見てみましょう:
"Shall I help you?" "No, no, thank you, Mrs. Alice. But I can manage."
「手伝いましょうか?」 「いやいや結構です。お気遣いありがとう、アリスさん。 ひとりで大丈夫です」
"Would you like a slice of pie?" "No. No. Thank you, but no."
「パイを一切れいかがかしら?」 「いや、いらない。 ありがたいが結構だ」
"Do you want another dish? I would be more than happy to make one for you." "No, thank you anyway."
「もう一皿どう? 喜んで作るわよ」 「もう結構です。 お気持ちだけ頂いておきます」

上の例文に出てくる "anyway" は、「とにかく」とか「どの道」といった意味です。 したがって "Thank you anyway" を直訳すると「とにかくありがとう」となります。 「(申し出は断るものの)申し出を受けるか否かにかかわらず、いずれにせよ厚意には感謝します」ということです。

次の例文では、"No(結構です)" という言葉を使わずに、"No, thank you." と同じような意味を達成しています:
"Can I get you anything? There's plenty of food in the fridge." "Thank you, but I ate before I came out."
「何か食べものを持ってこようか? 食べものなら冷蔵庫の中に一杯あるんだ」「ありがとう。 でも、家を出る前に食べてきたから」

類似表現

"No, thank you." と同じ意味を持つ表現に "No, thanks.(ノーサンクス)" というものがあります。 "No, thanks." も "No, thank you." と意味の捉え方は同じで、「いや結構。 心遣いありがとう」というふうに理解します。

"Thank you but no thank you"

"Thank you but no thank you" という慣用的な表現があります。 "Thank you but no thank you" は、上述の説明に基づいて日本語にすると「厚意には感謝する。 結構です。 厚意には感謝する」となりますが、実際には「厚意には感謝するが結構です」という意味で使われています。

"Thank you but no thank you" は次のような段階を経て生まれたのではないかと考えられます:
  1. "No, thank you." という "No" と "thank you" という2つのパーツから成る表現が "No thank you" という1続きの表現だと認識されるようになる。
  2. それによって「結構です。しかし厚意には感謝する」というものだった "No, thank you" の意味が「結構です」へと変質する。
       この際の類推は恐らく次のようなもの: "No thank you" → 感謝しない → ありがたくない → 不要です(結構です)
  3. "No thank you" における "No" と "thank you" の関係について誤解している人が、"No thank you" という表現が「ありがたくない」という言い回しに由来する表現なのだと誤解する。
  4. 「他人の厚意を断るときに「ありがたくない」という気持ちが根底に流れる言い方を用いるのは失礼では?」と考える人が出てくる。
  5. 「『結構です(No thank you)』の前に謝意(Thank you)を述べておけば失礼度が緩和されるだろう」と思いつく人が出てくる。
  6. "Thank you but no thank you.(ありがたいが結構だ)" が使われ始める。