"plastic world" の意味

"plastic" の意味

"plastic" という語は、「プラスチック」という意味の名詞や「プラスチック製の」という意味の形容詞のほかに、次のような否定的な意味の形容詞としても用いられます:
  • 人工的な
  • 大量生産されたよう、個性が無い、深みが無い
  • 見せかけだけの、浅薄な
  • 偽りの、不誠実な
"a plastic society interested only in material acquisition"
(物質的な充足だけに興味を抱き精神的な深みがない社会)

"plastic" がこの手の意味で用いられるようになったのは 1960年代からです。

"plastic world" の意味

"plastic world(プラスチック・ワールド)" という表現は、次の4つのうちいずれかの意味で使われます:
  • プラスチック製品であふれている世界
  • 人工的な世界
  • 虚飾に満ちた世界
  • クレジット・カードが普及している世界("plastic" には「クレジット・カード」という意味もあります)
歌の歌詞に出てくる "plastic world" は「人工的な世界」あるいは「虚飾に満ちた世界」といった意味で使われていることでしょう。
"plastic smile"、"plastic ocean"、"plastic emotion" といった表現も歌の歌詞に使われますが、これらの "plastic" も「人工的な」や「虚飾に満ちた」という意味でしょう。 "emotion" は「感情・気持ち」という意味です。