「プレデター」の意味

2018年9月に「ザ・プレデター」というタイトルの映画が日本で公開されますが、この「プレデター」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「プレデター」は "predator"

「プレデター」は "predator" という英単語をカタカナで表記した言葉です。

「プレデター」という映画もありますが、こちらは "predators" をカタカナで表記した言葉です。

"predator" の意味

"predator" は「捕食者」という意味です。 "predators" は "predator" の複数形で、「捕食者たち」という意味です。

英英辞典で調べると、"predator" の項目には「他の生体を餌食とすることで生存する生体」や「食料として他の動物を狩りたて捕食する動物」というような説明があります。

つまり、"predator" とは、ライオンや鷹(タカ)などの肉食動物のことだというわけです。

"predator" は、動物学的な「捕食者」という意味から転じて、「他人を犠牲にして利益を得る存在(人や集団など)」という比喩的な意味でも用いられます。

"The Predator" と "Predator"

映画「ザ・プレデター」の原題(元の英語のタイトル)は "The Predator" です。

映画「ザ・プレデター」の前作にあたる作品で 1987年に公開された映画「プレデター」の原題は "Predator" と "The" が付いていません。

アメリカ映画が日本に輸入されるときには、原題の "the" が邦題では除去されていることが多いのですが、「ザ・プレデター」に関しては「ザ」と付けないことには前作と今作との区別がつかないため、邦題に「ザ」を残すしかなかったのでしょう。