"RAGE OF DUST" の意味

「粉塵の憤怒」?

英語の慣用句のなかに "rage of dust(レイジ・オブ・ダスト)" という表現は存在しません。 したがって、"rage of dust" は "rage" と "of" と "dust" をそのまま英語にした意味になります。

そう考えると、 "rage of dust" は「粉塵の憤怒」という意味なのでしょうか...?

"rage" と "dust" それぞれの意味

"rage" には「憤怒・激怒」という意味のほかに「(嵐・疫病などの)猛威」や「激しい風・波」や「渇望・激しい食欲」や「大流行」といった意味もあります。

そして "dust" には、「埃(ほこり)」や「塵(ちり)」という意味のほかに、「やがては死んで塵へと戻る定めにある人間の肉体」という意味や「無価値なもの」という意味もあります。

"rage of dust" の真の意味

上に列挙した "rage" と "dust" の意味の中から、もっともそれっぽい意味の組み合わせを選ぶと、"rage of dust" は「無価値なモノの激怒」、つまり「ちっぽけな存在である者が抱く激怒」という意味ではないかと思われます。

問題点

ただ、この解釈で問題となるのが、「無価値なもの」を意味する定義として辞書に "something of little or no worth" とある点です。

"something" となっているということは、「無価値なもの」というのが「無価値な」でしかあり得ず、「無価値な」とはなり得ないということだからです。 何かの語が「者または物」を意味する場合、一般的に辞書には "someone or something" と記載されます。

"dust" は「みじめな状態」という意味でもない

"dust" には「みじめな状態」という意味もありますが、この意味での "dust" は"lick the dust(地面を舐める → 屈服する、殺される)" や "leave someone in the dust(競争相手に勝つ)" あるいは "bite the dust(戦闘で殺される、敗北する)" という表現で用いられ、"dust" 自体が人を意味することはありません。 これらの表現に登場する "dust" は、屈辱の象徴としての「地面」や「後塵(*)を意味します。
(*) 乗り物や馬などの大きな動物が舗装されていない地面を走った後に生じる土ぼこり。

結論

結論として、"RAGE OF DUST" という表現の意味はわからないということなります。

"rage of dust" で検索しても、SPYAIR が歌うガンダムの主題歌のタイトル以外の用例は1つも見つからないことから、英語圏の人たちが "rage of dust" という表現を使うことは無いと思われます。

"RAGE OF DUST" は無理に日本語に直そうとせずに "レイジオブダスト" としてあるがままに受け入れるのが良さそうです。