「シェイプ・オブ・ウォーター」の意味

「シェイプ・オブ・ウォーター」というタイトルの映画が 2018年3月に日本で公開されますが、「シェイプ・オブ・ウォーター」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「シェイプ・オブ・ウォーター」の原題

「シェイプ・オブ・ウォーター」の原題(元の英語のタイトル)は "The shape of water" です。

"The shape of water" の意味

"The shape of water" は「水の姿」あるいは「水の形」という意味です。

"shape" が「姿・形」という意味で、"water" が「水」という意味です。 "of" は "A of B" で「BのA」という意味です。 "The" は特に意味が無いといっても過言ではないので無視して大丈夫です。

他の意味の可能性

"shape" には「姿・形」という意味のほかに「(体や自動車などの機械や)調子」という意味もあります。

また、"of" には「~の...」という意味のほかに「~という...」という意味や「(グループ)のうちの(特定のもの)」という意味もあります。

したがって "The shape of water" は、「水という姿」「水の調子」「水という調子」という意味である可能性もありますが、「水という姿」はともかく「水の調子」や「水という調子」という意味ではないはずです。

水生生物

"water" に「水生生物」という意味があれば映画のストーリー(両生類が出てくる)に合致する「水生生物の姿」という意味になったのですが、"water" に「水生生物」という意味はありません。

結論

「水の姿」や「水の形」では意味がよくわかりませんが、それでもそういう意味なのでしょう。 "The shape of water" というタイトルは詩的な(余人には意味がよくわからない)タイトルなのでしょう。