「サブマリン」の意味

「サブマリン」は "submarine"

「サブマリン」は "submarine" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"submarine" の意味

"submarine" は「潜水艦」という意味の名詞です。

英英辞典では "submarine" は「水面下に沈み活動できる船。特に戦争を目的に作られたもの」と定義されています。 「潜水艦」という意味で使われる "submarine" は "sub(サブ)" と略して呼ばれることもあります。

「潜水艦」以外の意味

名詞の "submarine" には「潜水艦」以外にも、「潜水艦のように長い形をしたロールパンを使ったサンドイッチ」や「サイドスローあるいはアンダースローの投手(球筋が下のほうから浮き上がってくるので)」といった意味があります。

"submarine" には名詞以外にも形容詞や動詞としての意味があります。

形容詞としての意味

  1. 水面下の、海面下の
  2. サブマリン投法の(ピッチャー)

動詞としての意味

  1. 潜水艦で(特に魚雷を用いて)攻撃する
  2. 足への攻撃でノックダウンさせる
  3. (ピッチャーが)サイドスローやアンダースローで投球する
  4. 何かの下に滑り込んだり移動したり放り込まれたりする
  5. 潜水艦で移動する、潜水艦の乗組員として働く

"submarine" の語源

"submarine" という語は、「」を意味する接頭辞 "sub-" と「海(の)」を意味する形容詞/名詞 "marine" がくっついて成立しました。

"submarine" という語の意味のうち最も優勢なのは「潜水艦」という意味ですが、"submarine" はそもそも「潜水艦」を指し示す語として 発生したのではないようです。

"submarine" という語の発生が 1640~1650年頃とされている一方で、"submarine" が「潜水艦」という意味で使われ始めたのが 1895~1900年頃だとされているためです。

おそらく、"submarine" は当初「水面下、海面下の」を意味する形容詞として生まれ、その後19世紀末に潜水艦が発明されたときに潜水艦を指し示す名詞として "submarine" が採用されたのでしょう。

そして、この「潜水艦」という意味から「潜水艦型のサンドイッチ」や「アンダースロー/サイドスローの投手」という意味が生まれたことは想像に難くありません。