「スリー・ビルボード」の意味

「スリー・ビルボード」といタイトルの映画が 2017年2月に日本で公開されますが、この「スリー・ビルボード」とはどういう意味なのでしょうか?

「スリー・ビルボード」の原題

「スリー・ビルボード」は米国の映画で、その原題は "Three Billboards Outside Ebbing, Missouri" というものです。

原題で "Three Billboards" となっているのが邦題で「スリー・ビルボー」という複数形ではなく「スリー・ビルボー」という単数形になっているのは、英語のタイトルをカタカナで表記するときのお約束です。 慣例的に、単数か複数かという数に関する情報はカタカナにする際に除去されます。

原題の意味

"Three Billboards Outside Ebbing, Missouri" を日本語にすると「ミズーリ州エビングの外の3つのビルボード」となります。

ミズーリ州にあるエビングという町へと至る道路沿いに建てられた3つのビルボード」ということでしょう。

「スリー・ビルボード」におけるビルボードの役割

映画「スリー・ビルボード」では、娘を殺された母親が一向に犯人探しが進まないことに業を煮やしてビルボードを3つレンタルし、そこに保安官を名指しして捜査のふがいなさを糾弾する意見広告を掲載します。 そして、この広告を巡ってトラブルが生じます。

ビルボードとは?

ビルボードとは、高速道路沿いやビルの壁面あるいは屋上などに広告目的で設置される大きなパネルのことです。 パネルの所有者本人が広告を掲示することもあれば、広告を掲示したい人がパネル所有者からパネルを借りることもあります。

エビングは実在しない

米国ミズーリ州に「エビング」という名前の町は実在しないようです。 「エビング」という町が辞書に載っていないのは無論のこと、検索で調べても見つかりません。

代わりといってはなんですが、ミズーリ州には "Ebb(エブ)" という名前の町が過去に存在しました。 しかし、この町は 1910年代になくなりました。

「エビング」という町名は「エブ」という今はもう存在しない町にちなんで名付けられたのかもしれません。