"タイムフライヤー" の意味

「タイムフライヤー」とは?

まず、「タイムフライヤー」という言葉は「タイム」と「フライヤー」に分けられるでしょう。 そして「タイム」は「時間」を意味する "time" という英語、「フライヤー」は「飛ぶもの」を意味する "flyer" という英語のことでしょう。

したがって「タイム・フライヤー」は、おそらく「時を飛ぶもの」という意味でしょう。 「時を超越するもの」 という意味かもしれません。

英語圏では "time flyer" という言葉は、小説やテレビ番組に登場するタイム・マシンの名称として使われることがあります。

"flyer" の末尾の "-er" には「~する人」や「~する道具・機械」という意味があるので、「フライヤー」は人であっても道具・機械であっても構いません。

もう1つの可能性

「タイムフライヤー」が「タイム・フライヤー」であるのは確実でしょうが、「タイム」と「フライヤー」は "time" と "flyer" ではない可能性もあります。

カタカナで「タイム」と表記される英語には "thyme" がありますし、「フライヤー」と表記される英語には "fryer"("flyer" と違って "r")があります。
  • "thyme" はパセリやセージやローズマリーと同じハーブの一種の「タイム」のことです。
  • "fryer" という語には、調理法の一種であるフライ(fry)を行う人や道具、あるいはフライされる食材(主に鶏肉)という意味があります。
"fry" には「揚げる」という意味のほかに「炒める」という意味がありますが、"fryer" という語を使う場合は主に「揚げる」を意味します。
ただ、「タイム・フライヤー」が "thyme fryer" すなわち「タイムを揚げるモノ」という意味で使われる可能性は限りなく低いでしょう。