「UNISON SQUARE GARDEN」が歌う「fake town baby」に出てくる英語の意味

「UNISON SQUARE GARDEN」が歌う「fake town baby」に出てくる英語の意味について解説します。

"I'm sane, but it's trick or treat?"

直訳すると「オレは正気だ。 でも『お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ』か?」となります。

意味はよくわかりません。 "trick or treat(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)" というのは、ハロウィンで子供がお菓子をねだるときのセリフです。

"I'm right, but it's truth certainly."

日本語にすると「オレは正しい。 しかし、確かにそれが真実だ」となりますが、これも意味がよくわかりません。

"Well then, 'awesome!' welcome to tragedy."

日本語にすると「よろしい、ならば『すげえ!』だ。 悲劇へようこそ」となりますが、これも意味がよくわかりませんね。

"Fake town, Fake town, baby?"

日本語にすると「偽の街、偽の街、ベイビー?」となります。

"Hello me, hello you"

こんにちはボク。 こんにちは君」という意味です。

"call or drop"

逐語訳すると「呼ぶか落ちる(落とす)か」となりますが、これでは意味がよくわかりません。

勝負に出るか勝負から降りるか」という意味で使われている感じが強いのですが、そういう解釈をするには英語的に無理がありそうです。

"call(コール)" にはポーカーの用語で「賭け金を増やして勝負に付き合う」という意味があります。

なので、"drop" に「勝負から(降りる)」という意味があれば "call or drop" の意味がいちおう成立したのですが、どの辞書を見てもスポーツやギャンブルにおける "drop" の意味としては「勝負に負ける(負けて金銭を失う)」というものしか記載されていません。 ポーカーで勝負から降りることは "fold(フォールド)" といいます。

"call or drop in(by)" であれば、「電話するか立ち寄ってくれ」という意味になりますが、ここでは前後の歌詞から考えてこの意味では筋が通りません。

"Hello me, hello you, time to Rock'n'Roll"

こんにちはボク。 こんにちは君。 ロックンロールの時間だよ」という意味です。

厳密に言えば、"Rock'n'Roll" は名詞であって動詞ではないので、"time to~(~する時間)" という表現に使うことはできません。 ただまあ意味はわかりますし、調べてはいませんが俗語で "Rock'n'Roll" を動詞として使うケースがあるような気もします。

"I'll be"

私は存在するだろう」または「私は~になるだろう」という意味です。 ここではたぶん、1つ目の意味です。

"session"

"session" は「何かの機会に集まって過ごすこと、またはそうして過ごす時間」という意味です。

音楽分野で "session" は「音楽仲間がレコーディングなどのために集まること」という意味でも使われますが、ここでは前後の歌詞から考えて、そういう意味で使われてはいないでしょう。

"just just"

意味がよくわかりません。 「もうホントそれで」という感じの意味?