「Invisible Sensation」の意味

「UNISON SQUARE GARDEN」の曲に「Invisible Sensation」というタイトルのものがありますが、この「Invisible Sensation」とはどういう意味なのでしょうか?

"Invisible Sensation" の意味

"Invisible Sensation" は「目に見えない感覚」あるいは「目に映らない(人目につかない)センセーション」といった意味になります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

"invisible" と "sensation" それぞれの意味

"invisible"

"invisible" は「見えない・目に映らない・不可視の」といった意味の形容詞です。

「存在が認知されない・気づかれない」とか「隠れた」という比喩的な意味でも使われますが、"invisible" がこうした意味で使われている場合にも、そのまま「見えない」と日本語に訳すと大体の意味は通じます(日本語でも同様の比喩として成立する)。
"The poor are politically invisible"
(貧しい人は政治的には目に入らない存在である → 貧乏人は政治的には無視される無意味な存在である)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

"sensation"

"sensation" には微妙に異なる多数の意味がありますが、まとめると次のようになります:
  1. 視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚を通して感じられる感覚
  2. 体が感じるもの全般(例. 寒さ、風邪をひいて熱がある時の体が浮くような感じ)
  3. 上記の1や2の感覚を感じ取る能力という意味での感覚
      "John realized with ultra alarm that he had no sensation in his legs."
    (ジョンは両足の感覚がないことに気付いて戦慄した)
  4. 言葉1つでは言い表せないような気持ちや感情
      "The fog gave me the strange sensation that I was alone in the world."
    (その霧のために、この世に自分1人しかいないような妙な気持ちになった)
      "The anticipation produced in me a sensation somewhat between bliss and fear"
    (その見通しは、私の中に喜びとも恐れともつかぬ感情を引き起こした)
  5. (主に世間に引き起こされる)極度の興奮や関心。 「一大センセーションを巻き起こす」などカタカナで使われる「センセーション」はこの意味。
  6. そのような極度の興奮や関心を引き起こす人やもの。
      "The band's new singer is a sensation."
    (そのバンドの新しいボーカルに世間は大騒ぎだ)