"unless otherwise" の意味

"unless otherwise~" の意味

"unless otherwise~" は「別段に~でない限り」という意味です。 「ただし別段に~である場合は除く」というふうに訳すこともあります。
「別段の」とは「特に異なる」という意味です。
"otherwise" に当たるのが「別段の」で、"unless" に当たるのが「~でない限り」です。 以下に例文を示します:
"This provision is effective for a period of 90 days from the date of signature unless otherwise specified below."
(この規定は、以下に別段の定めがない限り、署名がなされた日付から90日間のあいだ有効である)

上の例文は、「この規定は署名がなされた日付から90日間にわたり有効である。 ただし、以下に別段の定めがある場合を除く」とも訳せます。

"otherwise" の意味

"otherwise" という語は "other" と "-wise" が組み合わさって出来ています。

"other" の意味

みなさん既にご存知だと思いますが、"other" は「別の、その他の」という意味です。

"-wise" の意味

"-wise" は他の単語の後ろにくっついて「~の方向で」とか「~的には」という意味を付与します。 例えば "clockwise" であれば「時計方向に」という意味ですし、"militarywise" あるいは "military-wise" であれば「軍事的には、軍事方面で言えば」という意味になります。

"-wise" は口語的にも幅広く使われる接尾辞で、いろいろな人が気の赴くままに何かの単語の後ろにくっつけて新しい語を作り出しています。 "art-wise(芸術的には)" や "industry-wise(産業的には)" などは無論のこと、"me-wise" という言い方もします。 "me-wise" は「オレ的には/わたし的には」という意味なのでしょう。

"otherwise" の意味

そんな "-wise" が "other" の後ろに付くとどうなるでしょうか? 「別方向的に」とか「それとは異なるふうに」あるいは「それ以外の形で」といった意味になります。 そして何から別なのかというと、上記の例文で言えば「この規定の内容」です。
"otherwise" は "in other ways" という英語に置き換えられます(-wise ≒ ways)。

"otherwise" に込められた意味

したがって、上記の例文の "otherwise" に込められたメッセージは、「『この規定の有効期間は90日間である』という規定とは異なるふうに」というものです。

上記の例文に、このメッセージをわかりやすく表面化させた訳文を付けると次のようになります:
"This provision is effective for a period of 90 days from the date of signature unless otherwise specified below."
(本規定は署名がなされた日付から90日間にわたり有効である。 ただし、この「本規定は署名がなされた日付から90日間にわたり有効である」という規定と趣旨が異なる定めが以下に存在する場合は除く)

"unless otherwise~" の構造

"unless otherwise~" の「~」の部分に来るのは節の構造(主語+動詞)です。 「~」の部分に来ているのが節であるようには見えませんが、それは省略と倒置のために外見が変わっているだけです。

上の例文で説明すると、"unless otherwise specified below" の元の形は "unless (it is) specified oterwise (=in other ways) below" というものです。

"specify" は「規定する、定める」という意味の動詞ですから、"unless (it is) specified oterwise below" は「それが下記で別段に定められていない限り」という意味になります。

この「それ」が指すのは「本規定」です。 すなわち、"unless the provision is specified oterwise below"。「本規定」に定められた内容ではなく、条項という入れ物のほうを指すのでしょう。

無意味な "otherwise"?

例文を検索していて、無意味と思われる "unless otherwise" の使用例が目に留まりました。 次のようなものです:
"...unless otherwise forbidden by applicable laws, XXX Co,Ltd. may take advantage of any idea or technology contained in..."
(適用される法律で別段に禁じているのでない限り、XXX株式会社は ...に含有されるアイデアまたは技術を利用することができる)

上の例では、この条項自体がアイデアや技術の利用を禁止したものではないため、「法律がそれ以外の形で利用を禁止していない限り」と言われても「それ以外って、どれ以外?」という疑問が頭に浮かびます。

この例文では、"otherwise" は不要で "unless" だけで十分であると思われます。 次のように "otherwise" を除去して何か問題があるでしょうか?
"...unless forbidden by applicable laws, XXX Co,Ltd. may take advantage of any idea or technology contained in..."
(適用される法律で禁じているのでない限り、XXX株式会社は ...に含有されるアイデアまたは技術を利用することができる)

"otherwise" に「殊更に」という意味も??

文法的に考えると不要なはずなのに無いと寂しい "otherwise" の例文も見つかりました。
"In a democracy, all thinks are allowed - unless otherwise forbidden. In Britain, all things are forbidden - unless otherwise allowed."
(民主主義では、殊更に禁止されるものを除いて基本的には思想の自由が認められている。 ところが英国きたら、殊更に許可されるものを除いて基本的には思想の自由が禁止されているのだ)

この例文全体の意味は「民主主義では思想は基本的には自由であって思想が禁止されるときにはそれが例外として明示されるものだ。 ところが英国では、その逆だ」というものでしょう。 これ以外に考えようがありません。

otherwise = specifically?

したがって、この文の "otherwise" も自ずと上の訳文にあるように「殊更に」という意味になります。 それ以外の意味にはなり得ません。 この "otherwise" は "specifilcally(特にわざわざ明示的に)" という語に置き換えられるでしょう。

辞書には載っていなかった

ところが、どの英英辞典を見ても "otherwise" に「殊更に」という意味は載っていません。 この表現を用いた人(ニュース記事へのコメント)は、"unless otherwise" という表現が耳に馴染んでいたために "specifilcally" と言いたくて "otherwise" と言ってしまったのかもしれません(つまり "otherwise" の誤用)。

"otherswise" が無いと寂しい理由

この "otherswise" が無いと寂しいのは、"otherwise" が無いと、本来なら "specifilcally" が担うはずのニュアンスが空白になってしまうためだと考えられます。 誤用 の"otherwise" であっても、"otherwise" が存在する場所に何らかの単語が来るのだろうというヒントにはなりますが、単語が欠落していると文章を理解する際に要求される推測の幅が大きくなります。