「アサシン」の意味は? 語源と歴史的な由来も教えて!

アサシンとは

歴史的な意味

歴史的には「アサシン」は、イスラム教の一派で11~13世紀にかけて現在のイランおよびシリアの辺りを根拠地としたニザール派を指す言葉です。

ニザール派は彼らと宗教的に対立していたセルジューク朝(トルコ)だけでなく、十字軍に対しても秘密諜報員による暗殺を繰り返しました。 その暗殺行為を、ヨーロッパに戻った十字軍が脚色して吹聴したために、ニザール派の誇張された恐ろしさと共に「アサシン」の呼称がヨーロッパで広まりました。

現代における意味

現代において "assassin" は次の意味です。

報酬を目当てとして、あるいは宗教的な理由で政治的なリーダーを暗殺する人

"assassin" の用例

Lee Harvey Oswald is the accused assassin of President John F. Kennedy.
ジョン F. ケネディ大統領の暗殺者だとされているのはリー・ハーベイ・オズワルドである。

"assassin" の語源

イスラム教の主流派であるスンニ派(セルジューク朝)は、異端のニザール派を「大麻使用者」と呼んで軽蔑していました(*)

(*) スンニ派とニザール派はイスラム教の教義の見解に相違があり対立していた。 イスラム教では麻薬は禁じられている。 ただし、ニザール派が大麻を使用していたかどうかは不明。

「大麻使用者」を意味するアラビア語は "ḥaššāšīn"。 この "ḥaššāšīn" からフランス語とイタリア語を経て、16世紀に "assassin" という英語が成立しました。

カタカナ語「アサシン」

"assassin" は「暗殺者」と日本語に訳されるほか、ロール・プレイング・ゲーム(RPG)などのファンタジー作品では、そのままカタカナで「アサシン」と表記されます。

トップページに戻る