「サバティーニで朝食を」の意味

「サバティーニ」とは?

サバティーニ」とは、ドンブリめしの上にサバの缶詰の中身をぶちまけた手料理のことです。
サバ缶の汁に味が付いているので調味料すら不要。 実に手軽な料理です。

「サバティーニ」の作り方

ホカホカご飯の上に、サバ缶の中身をぶちまけます。
サバ缶は常温のものを使用します。 冬にはサバの冷たさでゴハンが冷めてしまいますが、我慢します。

「サバティーニ」の頂き方

スプーンで食べます。 スプーンで適当にサバを砕き、適度にゴハンと混ぜて美味しく召し上がれ。

「サバティーニ」に使用するサバ缶

「サバティーニ」には、スーパーマーケットで100円ちょっと(*)で売られているサバの缶詰(内容量は190gほど)を使用します。 味噌味や醤油味ではなく塩味のものでなくてはなりません。

(*) サバ缶が値上がりしたので、もはや100円ちょっとでは買えません。 仮に買えても、サバの身が少なく汁ばっかりの粗悪品だったりします。

「サバティーニで朝食を」の意味

「サバティーニ」がドンブリめしの上にサバの缶詰の中身をぶちまけた料理のことですから、「サバティーニで朝食を」は「ドンブリめしの上にサバ缶の中身をぶちまけたモノを朝食として召し上がれ」という意味にほかなりません。

トップページに戻る