ハリポタの「ファンタスティック・ビースト」の意味を教えて!

1.「ファンタスティック・ビースト」の意味

「ファンタスティック・ビースト」を英語に戻すと "fantastic beast"で、「空想上の獣」という意味です。
「ハリー・ポッター」シリーズにおいて「ファンタスティック・ビースト」は魔法生物と同じ意味です。

2. "fantastic" と "beast" の意味

2.1. "fantastic" の意味

"fantastic" は「素晴らしい」という意味の感嘆詞や形容詞としてよく使われますが、それ以外に「空想上の・架空の」という形容詞としての意味もあり、"fantastic beast" ではこちらの意味です。

2.2. "beast" の意味

"beast" の意味は「獣・野獣・動物」などです。

3. ハリポタにおけるファンタスティック・ビースト

3.1. ファンタスティック・ビースト=魔法生物

「ハリー・ポッター」シリーズで、「ファンタスティック・ビースト(fantastic beast)」は「魔法生物(magical creatures)」と同じ意味で使われます。

3.2. 魔法生物の具体例

ハリポタに登場する魔法生物は例えば、ドラゴン、バジリスク(1)、ピクシー(2)、サラマンダー(3)、グール(4)、ノーム(5)、フェニックス、マンティコア(6)、グリフォン(7)、ユニコーン、トロール(8)、ペガサス、イエティ(雪男)、ワーウルフ(9)、バンパイアです。 日本の河童も「ハリー・ポッター」の魔法生物として登場します。

(1) 石化能力を持つ巨大な蛇。 拙著『「バジリスク」の意味は? えっ、バジルと関係が...?』に詳しい。 ハリポタの世界では体長15mほどで、石化能力と強力な毒を持つ。

(2) 妖精の一種。 ハリポタでは体長20cmほど。

(3) 火蜥蜴(ヒトカゲ)。 ファンタジー作品では炎のトカゲ。 ハリポタでは炎を食べる。 現実世界ではサンショウウオの英名。

(4) 食人鬼あるいは食屍鬼。 人を食べる鬼だが、ファンタジー世界ではアンデッド・モンスターとして扱われることも。 ハリポタではアンデッドではなく定命の生物として扱われる。

(5) 地の精、大地の小人。 ハリポタの世界では精霊ではなく生物。 体長はせいぜい30cmで、外見がジャガイモに似る。 地面を掘り植物の根やミミズを食べる。

(6) 胴体はライオン、頭部はヒト、尻尾はサソリというモンスター。 ギリシャ神話に登場する。 ハリポタのマンティコアは他作品のマンティコアと大体同じ。 人の言葉を話し、尻尾の毒は強烈で、皮膚は大部分の魔法を無効化する。 肉食で危険なモンスター。

(7) 上半身(前足・翼・頭部)がワシで、下半身がライオンというモンスター。 これもギリシャ神話に登場。

(8) 英語に戻すと "troll"。 ジブリ・アニメの「トトロ」の語源とされる。 ハリポタでは体長3.5mほどの巨人で、力持ちだが頭が悪い。

(9) 人狼。 英語に戻すと "werewolf"。 "wolf が「狼」の意味。 "were-" の部分に「人」の意味がある。

3.3.「魔法生物」ではなく「ファンタスティック・ビースト」である理由

「魔法生物」という言い方なら、妖精やアンデッドであるバンパイアが「ビースト」に含まれるかどうかで悩まないのに、どうして「ファンタスティック・ビースト」という映画タイトルなのでしょうか?

それは多分、「魔法生物」よりも「ファンタスティック・ビースト」とするほうが「幻想的」という意味においてファンタスティックディズニーな感じで子供たちにアピールするからでしょう。

この映画の原作ではリアリティを重んじ、物語世界の枠組みをきっちりと作り上げています。 そしてそういう世界の枠組みの一環として、"Magizoology(魔法動物学)" という学問のカテゴリーを設けています。 「魔法生物(magical creatures)」とは、この魔法動物学に登場する学問的な用語であると思われます。

つまり、"magical creatures" が学問的な用語であるために堅苦しくて難しそうな印象を与えてしまうわけです。 それは "magical creatures" を日本語にした「魔法生物」も同じです。 そういう堅苦しさは子供向けの映画のタイトルには不向きなので、ファンタスティックでメルヘンチックでファビュラスなイメージの "fantastic beast" という表現にしたのでしょう。

"animal" でなく "beast" なのも

"beast" が "animal" でなく "beast" なのにも、そういう計算が働いていると思われます。 "animal" が学術的な分野でも使われる言葉であるのに対して、"beast" は「美女と野獣(Beauty and the Beast)」にも使われるなどメルヘンチックなイメージがあります。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」というタイトルが仮に「魔法生物と魔法使いの旅」であったとすれば、ファンタスティックな印象は失われます。

また、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の原題は "Fantastic Beasts and Where to Find Them" ですが、これが "Magical Creatures and Where to Find Them" であったなら、そのまま論文のタイトルとして通用してしまいそうな趣(おもむき)があります。

トップページに戻る