"gotta " の意味は? 成り立ちは?

1. 意味

"gotta" には2つの意味があります。

1.1.「gotta + 動詞」の場合

「gotta + 動詞」は「~しなくてはならない」という意味です。 「~」の部分には動詞が入ります。

I gotta go.
そろそろ行かなくちゃ。

1.2.「gotta + 名詞」の場合

「gotta + 名詞」は「(名詞)を持ってる、有している」といった意味です。
I gotta feeling that tonight's gonna be a good night
今夜は素敵な夜になりそうだ。
# 「"I" が "that" 以下に該当する "feeling" を有する」という意味です。

2. "gotta" の成り立ち

2.1.「gotta + 名詞」の場合

まず「gotta + 名詞」の場合から見ていきましょう。 話が簡単なので。

2.1.1. "gotta" は "got a"

"gotta" の由来は "got a" です。
"got a" を立て続けに発音すると "gotta" になります。

2.1.2. "a" の正体

「gotta + 名詞」の場合、"gotta" の元となる "got a" の "a" は不定冠詞 "a" です。

例えば "gotta feeling" を元に戻すと "got a feeling" ですが、この "a" は不定冠詞です。
この場合の "feeling" が可算名詞なので、不定冠詞 "a" が付きます。

2.2.「gotta + 動詞」の場合

次に「gotta + 動詞」の場合です。 少し話が長くなります。

2.2.1. "gotta" は "got a"

「gotta + 動詞」の "gotta" の由来も "got a" です。

ただし、"a" の正体が「gotta + 名詞」と異なります

2.2.2. "a" の正体

「gotta + 動詞」の場合、"gotta" の元となる "got a" の "a" は "to" が訛(なま)ったものです。
"to" は実際の会話では "a" と発音されることが多く、会話をそのまま文章として書き起こすときなどに、そうして発音される "a" をそのまま文字にすることがあります。

したがって、「gotta + 動詞」の元となる "got a" は "got to" が変化したものです。

そして、この "got to" の "to" は不定詞の "to" です。 ゆえに、後ろに動詞が続きます。

「got to + 動詞」の意味
「got to + 動詞」は「(動詞)しなくてはならない」という意味です。
gotta + 動詞」と同じ意味です。 「got a + 動詞」も同じ意味です。

「got to + 動詞」の「to + 動詞」は不定詞の名詞的用法(~すること)です。

"got to" は "have got to"

「got to + 動詞」は「have(has) got to + 動詞」の "have" が省略された表現です。

「have got to + 動詞」の意味は「(動詞)しなくてはならない」です。 "must" や "have to" なんかと同系統の意味です。
「got to + 動詞」の "got" は過去分詞

「got to + 動詞」の "got" は過去形ではなく過去分詞形です。 手前に位置する "have" の作用により、"get" が 過去分詞形 "got" になっています("get" の過去分詞形は "gotten" と "got" の2つがあります)。

「got to + 動詞」では "have" が省略されても過去分詞形 "got" が "got" のままなので、"got to" の成り立ちを知らない人は "got" を過去形と勘違いしてしまいます。

2.2.3.「gotta + 動詞」のまとめ

「gotta + 動詞」が生じるまでの経緯は次の通りです(上から下に見る):

  1. have(has) got to
  2. got to
  3. got a
  4. gotta

意味はどれも同じです。

トップページに戻る