"somebody to love" の意味

1. 意味

"somebody to love" は使われ方によって次の2通りの意味になります:

  1. 愛すべき誰か、誰か愛せる人
  2. 愛してくれる誰か

2. パーツの解説

2.1. "somebody"

"somebody" は「(不特定の)誰か」という意味です。

2.2. "to love"

"love" は「愛する」という意味。 "love" には名詞としての意味(愛)もありますが、ここでは動詞です。

"to love" は不定詞の形容詞的用法です。 形容詞として "somebody" を修飾します。 つまり、"somebody" がどういうものかを "to love" が説明します。

ゆえに、"somebody to love" で「愛するような誰か」という意味になります。

3. 用例

3.1.「愛すべき誰か」

I need somebody to love.
私には誰か愛すべき人が必要だ。

この文では、不定詞中の動詞 "love" の主語が "I" で、目的語が "somebody" だと認識されます。

関係代名詞を用いて書き換えると "I need somebody that I love" です。
"I need somebody that I love" の "love" の目的語は "somebody"。 "that" の前の "somebody" が "love" の目的語に当たる。

3.2.「愛してくれる誰か」

次の文は上の文の文末に "me" を追加しただけですが、文の意味は大きく変わり、動詞 "love" の主語が "somebody" だと認識されます。
I need somebody to love me.
私を愛してくれる誰かが必要だ。

3.3. 用例の解説

1つ目の文

  1. 1つ目の文 "I need somebody to love." では、"love" の目的語が明示されていないので "somebody" が "love" の目的語だと認識されます。
  2. その結果、「愛するのが(I)で、愛されるのは誰か(somebody)」という意味に理解されます。

上記から、"I need somebody to love." は「私は(私が)愛する誰かを必要とする」という意味になります。

2つ目の文

  1. 2つ目の文 "I need somebody to love me." では "love" の目的語として "me" が明示されています。 ゆえに、誰がなんと言おうと "me" が "love" の目的語です。
  2. そして、"love" の主語は "somebody" だと認識されます。
    "love" の目的語が「私(me)」なのに "love" の主語まで「私(I)」だと、愛されるのと愛するのが同一人物になってしまいますので。
  3. その結果、「愛するのが誰か(somebody)で、愛されるのは(I)」という意味に理解されます。

上記から、"I need somebody to love me." は「私は私を愛してくれる誰かを必要とする」という意味になります。

トップページに戻る