「アントマン&ワスプ」の意味

「アントマン&ワスプ」という映画が 2018年8月に日本で公開されますが、「アントマン」とは、そして「ワスプ」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「アントマン」の意味

「アントマン」は "ant-man" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"ant" が「アリ(蟻)」という意味で、"man" が「人」や「男性」という意味ですから、"ant-man" は「アリ男」あるいは「アリ人間」という意味になります。

「ワスプ」の意味

「ワスプ」は "wasp" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"wasp" は「ハチ(蜂)」という意味です。 "bee" がミツバチを指すのに対して "wasp" は蜂の中でも特に「ジガバチ」や獰猛な「スズメバチ」を指します。

"wasp" は一般的には「ジガバチ」ではなく「スズメバチ」の意味で使われます。 これは、"wasp" から派生してできた形容詞 "waspish" に「怒りっぽい」という意味があることからも明らかです(ジガバチは攻撃性が低い。ただし触ると刺され、刺されると痛みが強い)。

「&」の意味

「&」は "and" と同じなので、"A & B" で「AとB」という意味になります。

「&」は「アンパサンド(Ampersand)」と読みます。 "&" という記号は、"and" を意味するラテン語 "et" が崩れて生じました。

「アンパサンド」という呼称は、19世紀ごろに学校で英語のアルファベットを子供に教えるときに "&" を "...x, y, z and per se 'and' " と読み上げて覚えさせたことに由来します("and per se 'and'" の「アンド・ペル・セ・アンド」がなまって「アンパサンド」になった)。

当時の英語教育に使用されたアルファベット表では、"&" 記号が1つのアルファベットとして表の末尾に記載されていました。

「アントマン&ワスプ」の意味

上記から、「アントマン&ワスプ」が「アリ人間(アリ男)とスズメバチ」という意味であることがわかります。

「アントマン&ワスプ」の映画のポスターに男性と女性の姿があることから、この男性が「アントマン」というキャラクターで女性が「ワスプ」というキャラクターなのだと推察されます。

アリ男にハチ女というと仮面ライダーに登場する怪人みたいですが、特撮ヒーロー物という点では仮面ライダーと同じですね。

「アントマン&ワスプ」の原題

「アントマン&ワスプ」の原題(英語の元のタイトル)は "Ant-Man and the Wasp" です。 日本語との違いは "Wasp" の前に "the" が入っている点だけですね。 カタカナにするときに "the" を省くのは一般的な慣行です。