「ドクター・ストレンジ」の意味

「ドクター・ストレンジ」というタイトルの映画がありますが、「ドクター・ストレンジ」とは一体どういった意味なのでしょうか?

「ドクター・ストレンジ」は "Dr. Strange"

「ドクター・ストレンジ」をアルファベットの表記に戻すと "Dr. Strange" となります。

"Dr. Strange" の意味

"Dr." は "Doctor(ドクター)" の略称で「医師」という意味です。

"Strange" は主人公の名前です。 この映画の主人公は、Stephen Strange(スティーブン・ストレンジ)という名前の外科医です。

したがって "Dr. Strange" は「医師であるストレンジ氏」という意味になります。 つまり主人公の「肩書き+名字」がそのまま映画のタイトルになっているわけです。

「ドクター」について

「ドクター」は "Doctor" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "Doctor" は「博士」という意味ですが、この「博士」の一種に「医学博士(Medical Doctor)」というものがあります。

そして医師になるには「医学博士」の資格が必要であるため、医師は全員が「博士」です。 したがって医師と言えば必ず「博士(=ドクター)」であるわけです。 そういうわけで、英語でも日本語でも医師のことを「doctor(ドクター)」と呼びます。

英語の "doctor" は医学博士以外のタイプの博士を指す敬称(つまり「医学博士」ではなく「博士」の意味で)としても用いられますが、日本語の「ドクター」はもっぱら医師を指して用いられます。

つまり、英語の "doctor" が「医学博士を含む博士」という意味であるのに対して、日本語の「ドクター」は「医学博士=医師」の意味でしか用いられないというわけです。

「ストレンジ」に込められた意味

上述のように「ドクター・ストレンジ」の「ストレンジ」は主人公の名前です。 名前は固有名詞なので、普通は名前の持つ意味まで考えても仕方がありません。

例えば「カーペンター」という名字の人は先祖が大工(カーペンター)だったのでしょうし、「サッチャー」という名字の人は先祖が屋根ふき職人(わらぶき〔屋根がわらで出来ている〕の家の屋根を作る人)だったのでしょう。 しかし、先祖の職業と今のその人との間にあまり関係はありません。 したがって、名前の意味まで追求しても意味は無いのです。

しかし、「ドクター・ストレンジ」は映画(原作はマンガ)のキャラクターです。 そして作者がキャラクターの名前に何かの意味を込めるのは珍しいことではありません。 ドラえもんの「のび太」しかり「ジャイアン」しかり、GS美神の「横島忠夫」しかり、ピアノの森の「一ノ瀬海」しかりです。

そして「ドクター・ストレンジ」の主人公の名前にも込められた意味が存在すると思われます。

形容詞としての "strange"

固有名詞ではない "strange" は形容詞です。 形容詞としての "strange" には次のような意味があります:
  1. 奇妙な、普通ではない
  2. 見慣れない、風変わりな
  3. 不可解な
  4. よそよそしい、自分を表に出さない
  5. 場違いな、馴染みのない場所にいる
  6. 不慣れな

主人公の名前に込められた意味が上記のうちの具体的にどれであるかは判然としません。

しかし、「ドクター・ストレンジ」という映画は、天才外科医が事故で失った両手の機能を回復しようと四苦八苦した挙句に魔術にたどり着き魔法使いとしての力を得るという話なので、"strange" という形容詞のどの意味でもストーリーのどこかの部分に当てはまりそうです。