「シャザム!」の意味と語源

シャザム!」というタイトルの映画が 2019年に公開されますが、この「シャザム」という言葉はどういう意味なのでしょうか?

「シャザム」は "shazam"

「シャザム」は "shazam" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"shazam" の意味

手品の掛け声

辞書で調べると、「"shazam" はマジシャン(手品師)が手品の仕上げの部分を観客に見せるときに言う言葉である」と説明されています。

観客の前でマジシャンが「種も仕掛けもありません...」などと手品の準備をしてきて、いよいよ手品の肝心なところを見せるというときになって「こうやりますと... あら不思議」などと掛け声を発する、この「あら不思議」に相当する言葉なのでしょう。

推測になりますが、マジシャンは「呪文で不思議な現象を起こす」という設定でパフォーマンスを行い、その「呪文」にあたるのが "shazam" なのだと思います。 種も仕掛けもない箱に向かってマジシャンが "shazam" と声をかけると箱からウサギが出て来る感じでしょうか。

ヒーローの名前

"Shazam" は「シャザム」という米国のマンガに出て来るキャラクターの名前です。 シャザムというヒーローに力を授ける魔術師の名前です。 魔術師に力を授けられたのはビリー・バトソンという少年で、"SHAZAM" というキーワードを叫ぶことでスーパー・ヒーロー「シャザム」に変身します。

2019年に公開される映画「シャザム!」は、このマンガを原作とする映画です。
元は「キャプテン・マーベル」という名前だったが、現在では著作権の問題で公式に「シャザム」に改名されている。 下の画像でも "Captain Marvel" となっている。

By Charles Clarence Beck - http://comicbookplus.com/?dlid=15850, Public Domain

語源

"shazam" の意味は上述のように2つあるわけですが、語源を調べると「ビル・パーカーという米国のマンガ家が 1940年に作り出した言葉である」という説明が見つかります。

ビル・パーカーは上述のヒーロー漫画「シャザム」の作者なので、ヒーローの意味の "shazam" が先にあり、その "shazam" が手品の掛け声として使われるようになったのでしょう。

成り立ち

"shazam" は神話や伝説に登場する次の6名の名前の頭文字をつなげたものです: "Solomon(古代イスラエルのソロモン王)"、"Hercules(ヘラクレス神)"、"Atlas(巨人アトラス)"、"Zeus(ゼウス神)" "Achilles(アキレス神)"、"Mercury(メルクリウス神、ギリシャ神話のヘルメスに相当)"

上の画像の背景に描かれている石碑にも、この6名の名前が刻まれています。

ソロモン王()は叡智、ヘラクレス()は怪力、アトラス()はスタミナ、ゼウス()はパワー、アキレス()は勇気、そしてメルクリウス()はスピードの象徴であり、上述の米国マンガにおいてビリー少年は、"SHAZAM!" の掛け声によりスーパーヒーロー「シャザム」に変身してそうした超人的な能力を得ます。