「トリガー・ハッピー」の意味

「トリガー・ハッピー」という言葉がありますが、この言葉は一体どういう意味なのでしょうか?

「トリガー・ハッピー」は "trigger happy"

「トリガー・ハッピー」は "trigger-happy" あるいは "trigger happy"(ハイフンがない) という英語をカタカナで表記した言葉です。

"trigger-happy" の意味

"trigger-happy" には次のような意味がありまます:
  1. 銃器をしきりに使用したがる
  2. 銃器を軽率に使用する、ターゲットを十分に確認せずに銃を撃つ
  3. 銃器を無責任に使用する
  4. 軽はずみに行動に移す
  5. ささいなきっかけで暴力的あるいは向こう見ずな行動を取る
  6. 戦争を引き起こしかねない(国家的な規模での)無謀な行動を主張する

解説

"trigger-happy" は形容詞です。 つまり、「あいつはトリガー・ハッピーだ」とか「トリガー・ハッピーな警官」といった使い方をします。

カタカナ語の「トリガー・ハッピー」は名詞としても使われることがあるような気もしますが、検索で軽く調べた限りでは英語の "trigger-happy" を名詞で使うことは無いようです。

"trigger-happy" の "trigger" は「銃の引き金」という意味です。

2つ目の意味(軽はずみに行動に移す)は、いわゆる「引き金が軽い」というやつですね。

そして、2つ目の意味が比喩的に用いられるたのが4つ目の意味で、これは「一定の条件を満たす刺激に反応して行動することが求められるときに、条件を満たさない刺激にまで反応して行動してしまう」ということです(下記の例文を参照)。

"trigger-happy" の用例

The firing continued throughout the night, trigger happy soldiers making sleep impossible.
トリガーハッピーな兵士たちによる発砲は夜通し続き、睡眠を取ることができなかった。
# 1あるいは2の意味の "trigger-happy"。
The bystanders were indiscriminately gunned down by trigger-happy gang members.
トリガー・ハッピーなヤクザ者たちにより、居合わせた人たちは無差別に撃ち倒された。
# 3の意味の "trigger-happy"。
Whenever I'm editing, I always get a little trigger-happy with the delete key and end up having to add some things back later.
編集中の私はいつも、(PCのキーボードの)デリート・キーに関して少しばかりトリガー・ハッピーで、削除してしまったものを後に元に戻すことになる。
# 4の意味の "trigger-happy"。 「パソコンで文書ファイルを編集しているときに、軽はずみに文字や文を削除してしまい、それを後悔して削除した部分を元に戻すことがよくある」ということです。
Don't pass to Rick. He's trigger-happy and shoots ever time he gets the ball.
リックにパスするなよ。 あいつはトリガーハッピーでボールが来るたんびにシュートを撃ちやがる。
# 4の意味の "trigger-happy"。 サッカーの試合での話。
Be careful when you work near him; he's trigger-happy with that chain-saw.
ヤツの隣で作業するときには気をつけな。 チェーンソーを手にしてるときのヤツはトリガー・ハッピーだぜ。
# 5の意味の "trigger-happy"。
He was so trigger-happy that he wheeled and punched me when I brushed by him in the hall.
彼はとてもトリガーハッピーで、ホールですれ違いざまに互いの体が少しかすめただけで、くるりとこちらを向いて殴りつけてきた。
# 5の意味の "trigger-happy"。
They feared that the President was trigger happy and would send in troops at the drop of a hat.
彼らは大統領がトリガー・ハッピーであって軍隊を躊躇(ためら)いもなく差し向けるのではないかと危惧した。
# 6の意味の "trigger-happy"。