「ヴェノム」の意味

2018年11月に「ヴェノム」というタイトルの映画が日本で公開されますが、この「ヴェノム」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「ヴェノム」は "venom"

「ヴェノム」は "venom" という英単語をカタカナで表記した言葉です。

映画「ヴェノム」の原題(元の英語のタイトル)も "Venom" です。

"venom" の意味

"venom" は「ヘビやクモなどの動物が分泌する毒液」という意味です。

辞書で "venom" を調べると「ヘビ/クモ/サソリ/ハチなどの動物が分泌し、捕食や防御のために用いられる毒(poison)の液体。 噛んだり刺したりすることで対象となる動物(獲物や攻撃者)の体内に送り込まれる毒液」と説明されています。

この説明によると、"venom" は毒(poison)の一種であって次の2つの条件を満たすものであるということです:

  1. 動物が分泌する。
  2. 噛んだり刺したりという能動的な行為により使用される。

"venom" と "poison" の違い

したがって例えば、植物が分泌する毒・細菌が作り出す毒・化学兵器として用いられる毒は "poison" ではありますが "venom" ではありません。 また、動物が作り出す毒であっても、触れられたり食べられたりすることで受動的に効果を発揮するフグの毒などは "venom" ではないということになります。

Oceans Unlimited のブログ では、次のように「フグの毒は "venom" ではない」と明言しています:
In addition to this ability, many species of pufferfish carry tetrodotoxin, one of the most deadly toxins found in a vertebrate. ... Note that this is a toxin, not a venom, meaning that the fish does not inject poison through its spines or by biting...
フグの多くの種類は毒を持っています。フグの持つ毒は脊椎動物が持つ毒としては最も致命的です。...ただし、フグの毒はヴェノム(venom)ではありません。 フグが自分の毒を刺したり噛んだりして他の生物に注入するわけではないからです...

Wikipedia のゴールデン・ポイズン・フロッグと呼ばれる毒ガエルに関する項目でも次のように、"poison" と "venom" の違いが説明されています:

The golden poison frog is not venomous, but poisonous: venomous animals have a delivery method for the toxin, such as fangs or spines, while poisonous animals and plants do not have a delivery method and rely on transference of the toxin, typically by, but not limited to, ingestion.
ゴールデン・ポイズン・フロッグは毒を持ってはいるがヴェノムを持ってはいない。 毒素をトゲや牙などの手段によって他の生物に送り込む動物を「ヴェノムを持っている」と表現するためである。 毒を他の生物に送り込む手段を持たず、他の生物に捕食されるなどした場合に毒が効果を発揮するというような生物は、動物であっても植物であっても「毒を持つ、有毒である」と表現される。
# "venomous" は "venom" の形容詞型。

"venom" と "poison" の混用

ただし、「フグ(pufferfish)」と「venom」というキーワードで検索すると、フグの毒のことを指して "venom" という語を使っているケースもたくさん見つかりました。

また、大昔には "venom" は毒全般を意味する("poison" と同じ意味で使われる)こともありました。 "venom" の語源をたどると「毒」 や「惚れ薬」を意味するラテン語 "venēnum" に行き着きますから、これは不思議なことではありません。 "poison" と "venom" の間で意味的な用途の住み分けが生じた結果、"venom" が「動物が他の生物に能動的に送り込む毒」という意味を担当するようになったのでしょう。

"venom" のもう1つの意味

"venom" という英単語には、上述の「動物が他の生物に能動的に送り込む毒」という意味のほかに、「悪意嫉妬」という意味もあります。「毒のような感情」という意味でしょう。

映画「ヴェノム」の意味

「ヴェノム」という映画のタイトルは、この映画の主人公である「ヴェノム」にちなんでいます。 主人公であるヴェノムは人型の(宇宙生物が人間に取り憑いた)モンスターですが、Wikipedia で調べたところヴェノムは戦闘で毒を使用しないようです。

したがって、この映画の主人公の「ヴェノム」という呼称は、"venom" の「」のほうの意味ではなく「悪意」のほうの意味に由来しているのかもしれません。