「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の意味は?

質問.ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』という映画が 2021年に日本で公開予定ですが、このタイトルはどういう意味ですか?

回答.ヴェノム: 大量の殺傷を生じせしめよ」という意味です。 くわしい意味は以下をご覧ください。

解説

1.「ヴェノム」の意味

「ヴェノム」は「スパイダーマン」に登場する悪役(ヴィラン)の名前で、英語に戻すと "Venom" です。

"Venom" は「」という意味です。 詳しくは「『ヴェノム』の意味」をご覧ください。

2.「レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の意味

「レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を英語に戻すと "Let there be carnage." です。

"Let there be carnage." は命令文です。 命令文は動詞で始まりますが、その動詞に当たるのが "let" です。

"Let there be carnage." は「大量殺戮を生じせしめよ」という意味です。

このような意味になる仕組みを次(2.1.~2.4.)で説明します。

2.1. "carnage" の意味

"carnage" は「(戦争などによる)大量の殺戮(殺傷)」という意味です。
"carnage" の語源は「」を意味するラテン語の名詞 "caro" です。 ここから「動物の屠殺」や「殺人」などの意味を経て現在の「大量殺戮」という意味に至ります。 ですので、"carnage" には「血まみれの、血塗られた」というニュアンスがあります。

2.2. "let" の意味

"let" は「~させてやる」という「許可」の意味が有名ですが、命令文では「~してくれ、~せよ」という「要求」の意味でも使われ、"Let there be~" の "let" もこの「要求」の意味です。

2.3. "there be~" の意味

"There is a pen." なんかの "there is~" と同じく「~がある(存在する)」という意味です。

  • "is" じゃなく "be" なのは、 使役動詞 "let" と共に使われているからです。
  • 「~がある(存在する)」という意味を担うのは "be" で "there" は飾りです。 Be動詞に「~が存在する」という意味があります。

2.4. "let there be~" の意味

前述の "let" と "there be~" の意味を併せると、「(存在していないものを)存在せしめよ、存在させよ」となります。 それを簡潔にしたのが「生じせしめよ」です。

3.「レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の意味は2通り

"Let There Be Carnage"(大量殺戮を生じせしめよ)は次の2通りに解釈できます:

  1. 神さまに対して)大量殺戮を生じさせたまえ(God, let there be carnage.)
  2. ヴェノムに対して)大量殺戮を引き起こせ(Venom, let there be carnage.)

「神さまに対して」というのは「大量殺戮が生じますように」と祈願するということです。

ただしそれは「本来は(文の成り立ちとしては)」そうであるということであって、実際には神さまを意識せず誰に要求するというのでもなく、煽り文(*)のように「生じよ! 大量殺戮」という感じでしょう。
(*) あおりぶん。 本の帯などに書かれる宣伝文句。購入意欲を煽るための文章。

4. 全体の意味

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の原題は "Venom: Let There Be Carnage" です。

この原題を日本語にすると「ヴェノム ~大量殺戮を生じせしめよ~」となります。

"Venom" が主題(タイトル)で、"Let There Be Carnage" が副題(サブタイトル)です。

トップページに戻る