"Don't be afraid" の意味

"Don't be afraid" って、どんな意味?

"Don't be afraid." は「恐れるな」という意味の英文です。

"Don't be afraid." をカタカナで表記すると「ドント・ビー・アフレイド」です。

"Don't be afraid." を早口で言うと「ドンビー・アフレイド」です。

解説

各パーツの意味

  • Don't~ ・・・~するな
  • be afraid ・・・恐れている

「命令文」と「否定の命令文」

"Don't be afraid." は否定(禁止)の命令文です。 命令文とは「~しろ」という意味を持つ文のことです。 否定の命令文は「~するな」という禁止を意味する文のことです。

命令文

命令文では動詞で文が始まります。
例えば "Sing." という動詞1語でも「歌いなさい」という意味の文として成立します。

否定の命令文

(肯定の)命令文の先頭に "Don't" または "Never" を付けると、意味が裏返って否定の命令文(~するな)になります。
"Don't sing." なら「歌うな」、"Never sing." なら「決して歌うな」という意味です。

"be afraid" について

"be afraid" は、be動詞である "be" と形容詞である "afraid" が組み合わさった表現です。

"be afraid" の "be" は「~である」という意味です。 "afraid" は「恐れて」という意味です。

"be" は主語や時制に応じて "is" や "am"、"were" などに変化しますが、命令文では動詞が原形に戻るため、"Don't be afraid." では原形の "be" が使われます。

まとめ

  • 文の一部として用いられる表現 "be afraid" は「恐れている」という意味。
  • "Be afraid." だけで文として用いられるなら、それは「恐れなさい」という意味の命令文
  • "Be afraid." の先頭に "Don't" を付け加えて "Don't be afraid." とすると、禁止を意味する否定の命令文「恐れるな」になる。

トップページに戻る