「ネバーセイネバー」の意味を教えて!

1. 英語に戻すと

「ネバーセイネバー」を英語に戻すと "Never say never." です。

2. "Never say never" の意味

"Never say never" は次のような意味で用いられます:
  • 頭から否定するな
  • あり得ないと決めてかかるな
  • 最初から諦(あきら)めるな
次に用例を示します。

"I'll never love you."

"Never say never."

「あなたを愛するなんて、あり得ないわ」

あり得ないなんて言わないで

3. 解説

"Never say Never." を逐語訳すると「『決して(~)ない』なんて決して言わないで」です。

以下は、冒頭に記載した用例の逐語訳バージョンです:

"I'll never love you."

"Never say never"

「あなたを愛することなんて決してないわ」

「『決してない』だなんて決して言わないで」

3.1. "Never say..."

日本語の「...なんて決して言わないで」に対応する英語は "Never say never." の "Never say..." の部分です。

「Never + 動詞」で強い否定を意味する命令文(決して~するな)になります。 "say" の意味が「言う」なので、"Nver say..." で「決して言うな」です。
同じく否定の命令文を作る語に "Don't..." がありますが、"Never..." は "Don't..." よりも強い気持ちが込められています。

3.2. "...never"

日本語の『決して(~)ない』に対応する英語は "Never say never" の "...never." の部分です。

"Never say never." は下記の用例のカッコ内が省略された表現です。

"I'll never love you."

"Never say (you'll) never (love me)."

「あなたを愛することなんて決してないわ」

「『決して(オレを愛することが)ない』だなんて決して言わないで」
"Never say never." の2つ目の "never" が、相手の発言に出てきた "never"(上の例で言えば、"I'll never love you." の "never")の再利用のようなものです。
"Never say never." の1つ目の "Never" は、"Never say never." と発言する人が新たに使い出した "never" です。

3.3. ユーモラスな表現

"Never say never." は、相手に「決して」という言葉を使うなと要求しながら自分が「決して」を使っている点がユーモラスです。

4. 映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』

「ジェームズ・ボンド」シリーズの映画に 1983年に公開された『ネバーセイ・ネバーアゲイン』がありますが、このタイトルを英語に戻すと "Never say never again" です。

カタカナでは「ネバーセイ」と「ネバーアゲイン」で区切られていますが、英語の構造的には "Never say never" と "again" で区切ります。

"again" が「再び(もう二度と)」という意味なので、"Never say never again" の逐語訳は「『決してない』などと、もう二度と言うな」です。
意訳だと、「もう二度と最初から諦めるな」や「もう二度と無理だと決めてかかるな」など。

トップページに戻る