クリスマスに見かける「ノエル」の意味は? 言葉の由来は?

質問. クリスマスの時期になると見かける「ノエル」という言葉の意味を教えて下さい。

回答.「ノエル」は「クリスマス」などの意味です。 人名としても用いられます。 詳しくは以下をご覧ください。

「ノエル」の原語と意味

原語

カタカナ語「ノエル」の元の言葉は "Noël" というフランス語または "Noel" という英語です。
"Noël" も "Noel" も、基本的には(文中でも)大文字で始まります。

意味

フランス語 "Noël" と英語 "Noel" は、ほぼ同じ意味です。

"Noël" と "Noel" は次のように使われます:

  1. クリスマス、クリスマス・シーズン」という意味で。
  2. クリスマス・キャロル(1)という意味で。
  3. 男性の下の名前(ファースト・ネーム)として(2)
  4. (英語 "Noel" で)女性の下の名前として(3)
  5. 苗字として(4)
  6. 地名として

(1)「クリスマス・キャロル」の意味で使われる "Noel" は普通名詞扱いです。 文中では "noel" と小文字になりますし、複数の歌(キャロル)を指すときは "noels" と複数形になります。

(2) クリスマスの時期に生まれた子供の名として使われることが多い。

(3) 英語では男性にも女性にも "Noel" が用いられる。 フランス語では、男性名に "Noël"、女性名に "Noëlle" を用いるのが一般的。

(4) 父親の下の名前を子供が苗字として使うのがきっかけだったとされる。

「ノエル」に「ケーキ」の意味は無い

残念ながら "Noël" にも "Noel" にも、「クリスマスのケーキ」という意味はありません

でも、クリスマスに食べるケーキ「ブッシュ・ド・ノエル(bûche de Noël)」の「ノエル」は "Noël" です。
"bûche" はフランス語で「丸太」を意味するので、「ブッシュ・ド・ノエル」は「クリスマスの丸太」という意味です。

"Noël/Noel" の語源

語源

フランス語 "Noël" も英語 "Noel" も、語源を突き詰めると「誕生日」を意味するラテン語の名詞 "nātālis" に行き着きます。
誰の誕生日かと言えばイエス・キリストのです。 「神の誕生日」を意味するラテン語 "nātālis diēs" の "nātālis" が "Noël" や "Noel" の語源です。

語源から現代語に至る過程

ラテン語 "nātālis" から古フランス語 "Noel" が生まれ、その "Noel" が現代の英語とフランス語に受け継がれました。

現代語の "Noël" と "Noel" が生まれるまでのルートは次の通りです:

フランス語 "Noël"

  1. ラテン語 "nātālis"
  2. 中世フランス語 "Noel"
  3. 現代フランス語 "Noël"

英語 "Noel"

  1. ラテン語 "nātālis"
  2. 中世フランス語 "Noel"
  3. 中世英語 "Nowel"
  4. 現代英語 "Noel"
現代フランス語 "Noël" の "o" の上の点2つが取れて現代英語の "Noel" が生まれたのではなかったのです。

トップページに戻る